銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 9話 「開示」 感想!

隠匿されしもの

狙われたアッシュ・イズル

 ついにウルガルの情報がチームラビッツにもたらされることになったわけではあるが、実際人間ではないが人間に近いものと戦う・戦っているという情報が出てきたりしたら、どうなるんだろうな。自分自身受け止められるか分からない。チームラビッツとしてもこれから先大きな岐路に立つ分岐点でもあるのかも。

 敵方の正体が出てきたことによってイズルもチームラビッツも大きく動き出すことになってきた。心の変化は彼らに何をもたらすことになるのだろうか? 大敗の中で自分たちがもてはやされることになり唯でさえ揺れ動きが激しくなる中で彼らにもたらされた情報がチームの関係を大きく変えるかもしれない。

 チームラビッツを中心にとらえつつもピットクルーや普段は出会わないオペレーターチームニであったりと周りをより出した回でもあったが彼ら中心というか主役のスピンオフも見てみたいところだ。

 次回 「狩るもの、狩られるもの」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示