91Days 6話 「豚を殺しに」 感想!

鳴くだけが能ではない

人間ラザニア

 やっぱりファンゴと手を組んだことは自分たちの首を絞める結果になったんじゃないだろうか?手を組んでいるうちにファンゴをなんとかしないと本当に次は自分たちの首を絞めることにはなって来ることは明白なような感じはするのでファンゴをどう丸めるのか物語の鍵はそこのようにも感じられる。

 オルコを殺したことによって復讐劇は順調に進むのかさらに不透明になったように感じられる。いずれは自分の身を守る為にアヴィリオは現状の目的の3人だけではなく周りも血に染めなければいけなくなるだろうからな…。でも殺しを重ねるごとにアヴィリオの目的には近づいてきているというのもなんとも。それこそアヴィリオは復習と共に自らの首も絞めているようだ。

 復習を遂げたらアヴィリオがどうするのかは分からないが…。そして4人目とされる手紙の主がまだわからない現状がこの復讐劇をさらに不透明にしているように感じる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示