Re:ゼロから始める異世界生活 20話 「ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア」 感想!

闇をさまよう銀光

白鯨戦

 ここまで来ると利害の一致以上にすべての王候補陣営の全戦力を投入するくらいのことをしなければ白鯨に勝つことが出来ない様に感じられるところ。そこが出来ないってのが何とも悩ましいところではあるのだが…。それくらいいければこの国の新たな光も見えてくるだろうとおもうけれどもね。

 圧倒的な体力と巨大さを持つがゆえに現状の戦力では勝つことも削り取っても致命傷に至るようなダメージを与えることが出来ないってのが一番厄介なところではあるな。白鯨からしてみればアリがたかって気持ち悪い的な気持ちになっている感覚くらいにか感じられていないのかも。どこかに一撃必殺出来るものが転がっていればいいのだが。

 追いつめられた白鯨戦はもはや一方的な蹂躙へと様相を様変わりさせてきたわけではあるが圧倒的な力を白鯨側は持っているし完全にこのまま押し切られてしまうのだろうか?これと魔女教ぶち当てれればなぁ。

 次回 「絶望に抗う賭け」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示