銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 8話 「ケレス大戦」 感想!

狩りなるもの

運命の一線

 奇襲攻撃によって初動が遅れたとはいえ、初動対応の悪さが被害を甚大にする結果となったことは否めないわけではあってそれを他者のせいにしてしまったのが潰れたシュークリームを確定図家てしまった一つの要素とも思えるところではあったりして?戦上手とまではいかないまでも謙虚な心があればまた違ったかもしれない。

 イズルとジアートの中身的な出会いが2人の運命を加速っセルことになる。本格的な戦いはこれが初めてだったけれどもそれ以上に姿をお互いに見せたという部分が2人にとって大きな要素となっているように感じられるところではある。ある種ライバルとして決定づけられた戦いおよび瞬間が今回なのだろうと感じられるところだ。

 1話丸々戦闘回なだけにずっと戦闘できるのも2社体制でありCGにした意味合いというものを出す為でもあるのだろうな、大きくポイントとして明示された回でもあるし重点的に宇宙での戦闘というものを出した回でもあると思う。

 次回 「開示」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示