銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 7話 「欲望の牙城」 感想!

本能のままに

敵も味方も

 「受け入れよ」ついに人類軍とウルガルの一方的な総力戦。ウルガル側はある種これを好機ととらえている訳ではあって実質最初の山場であることは間違いないのだけれども。指揮している人物が人物だから余計とウルガル優勢に働いている気もしないでもないというかしてしまうのが恐ろしいところではある。

 ウルガル勢が本格登場。チームラビッツも色分けをはっきりしている分ウルガル勢も色分けを強くしているように感じられる。ウルガル勢は面白要素を一人で背負った感があるラダ様は兎も角としてジアートがすべてを背負った感じを強く出しているのが特徴的な要素の一つ佳奈。ユズルとは真正面ではないけれども合わせ鏡のような存在でもあるように感じられるところではある。

 総力戦が始まったけれども上手くいかないのは人類軍あるあるかもしれない。敵方だけではなく味方側にもいろいろと策を講じなければならないのは人類ゆえの帰結なのだろうか?みな「家族」になることが出来ればまた違うのかもしれないけれどもそう簡単にはいかないのはまた…。

 次回 「ケレス大戦」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示