planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ 2話 「投影機修理」 感想!

神様は見ている

ロボットの神様

 イエナさん修理体験記。この荒れ果てた大地で危険な職業を生業としているだけあって屑屋はそこいらの人間よりは整備が出来る。機会を修理してそれを有り金に替えるということも十分あっただろうし、生きるためには身につけなければならないことがこうやって生きることになるのも不思議なものだ。

 ロボットの神様。神様は見ているからこそゆめみに屑屋を遣わせたのだろうか?それとも人間の神が屑屋のことを見ていて夢見の元へ遣わせたのだろうか?その答えを求めたら永遠に決着がつかないことにはなってしまうけれども。それでも誰かが2人を出会わせたと考える方が誰かの幸せに繋がってくると思う。だからこそ2人は徐々に近づきあって触れあいも増えている。

 屑屋もゆめみもこの空間が少しずつ幸福になってきている。制限時間が近づいてきているけれどもそれまでの時間を取り戻すかのように2人は小さいながらもその繋がりを強化していく。宇宙の夢に何があるのだろうか?

 next #3
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示