マクロスΔ 19話 「Eternal Songs」 感想!

詩の可能性

マクロスヒストリー

 集大成的な話というか歴史が繋がっていることを認識させつつこの作品につながるものをより出したような感じではある。ミラージュの家族の意味合いもより出てきたように感じられるわけだし、しかしながら初代のドラマの話は現実的にリメイクするぞって話の先だしだったりするのだろうか? リメイクしても不可思議ではない年数は経っているけれども。

 ベルガーによる歴史授業。彼らはワルキューレにレディMの配下ともいえるマクロス・エリシオンのクルーに何を伝えたかったのだろうか?マクロス・エリシオンもウィンダミア王国も実は戦う相手を間違えているのかもしれない。ベルガーが隠された物語についてどこまで知っているのかというのは分からないところではあるが、何かしらこれを話せる価値のある情報をもっているのだろう。

 混迷を深める中ベルガーが動いたことによって最後の戦いに向けた物語へとシフトしていくことにはなってくるのだろう後々の歴史にこの戦いがなんであったかが記されるための重要な要素を含んだ戦いとなりそうだ。

 次回 「衝動 エクスペリメント」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示