機動戦士ガンダムUC RE:0096 19話 「再び光る宇宙」 感想!

光集まる場所へ

最初の地・最後の地

 思えば遠くに来たというよりは最初の場所にすべて隠されていたというのもなんだか皮肉というよりはユニコーンの操縦者に様々なことを魅せる。人類そのものにそのことを教えるという役割を入れ込みたかったからでもあるのだろう。全開のOPが前回だけだっt尚はちょっと残念ではあるな。

 無名パイロットたちによる戦闘。名前が出てくるわけではないけれどもガンダムタイプではないMSたちに夜戦闘はもっと見てみたかったし、UCとしてはUCオンアリーナところもあるから名無しのMSたちにももっとスポットライトが当たっていればなと感じるところではあったりして…。

 今まで見てきたことの総決算。再びこの地に自分を導いてくれた命たちに対してバナージはどのような決断を下すのだろうか?そこで何を見るのだろうか?

 次回 「ラプラスの箱」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示