orange LETTER04 感想!

躊躇の後押し

今の自分未来の自分。

 手紙に書かれていることと今菜穂たちが歩んでいることと違いが大きくなればなるほどに未来の翔のいない未来の菜穂たちの存在がどうなっていってしまうのか気になる。形は違えども同じような到達点(ドラ方式)ならばまあ納得することも出来るのだが、そうでなければ菜穂の子供が消えてしまうように感じられて。

 翔と菜穂が離れていけばいくほどに逆に近づいていっている気もするところ。どこか離れすぎないようにお互いの心にゴムが括りつけられているようにも感じる。結局はこの2人いや6人は結局のところ近づきあう運命でもあるのだろう。些細なことはなんとかして解決できるそれくらいの流れはもう作られているようにも感じるところだ。

 まだ1つづつトゲを取り始めているに過ぎないから翔を本当の意味で救い出すには時間が掛かるだろう。これから大きなトゲを抜くときに菜穂が支えきることが出来るのだろうか?

 next #5
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示