Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 4話 「迴靈笛のゆくえ」 感想!

魔を呼ぶもの

新たなる敵

 刑亥を仲間に加えたのもつかの間、旅に新たなる障害が追加されてしまうのはよくあることではあるのだが、ここまで恨みを買っていたり顔が広すぎるところを見ると本当のボスは凜雪鴉なのではないのだろうかという感覚が生まれてくるけれども過去を描くだけでも大河並のことになりそうだ。

 刑亥は出会うまでは苦労させられたけれども出会った後はあっさり拍子抜け。まだまだ隠している部分もあるのだろうがその力の全貌は見てみたいところではある。蔑天骸と戦うときにはどれくらい仲間が増えていることやら。でも題材的に大多数での戦いは描きにくいように思えるがもしかしたらその想像を超えてくれるかもしれない。

 殺無生は新たなる力を得るための敵に据えられているように感じられる。彼を倒せば一段と強く慣れるというべきだろうか?そこに至るまでは一苦労しそうだしまだまだ足りていない部分も多そうだし…。

 次回 「剣鬼、殺無生」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示