この美術部には問題がある! 3話 「さがしものはどこへいった?/ショートボブ/缶接キッス」 感想!

キミに関するショート
缶接キッスは上手い表現

 あと「スクープは掘り起こすからスクープていうんですよ」は何気に名言だと思う。和気藹々な脇キャラクターも登場し始めてこじんまりとしていた美術部にも活気が出てきたように感じるところ。この手の作品は登場人物が一定数以上ならば話を廻しやすいだろうしこれから数多くのキャラクターが場をかき乱してくれることを期待。

 コレットさんは1話の時なぜか掃除箱に入った姿を目撃されていたわけではあるがなぜその時入り込んでいたのだろうか?その答えを知るのは永遠に知りえないことになってしまった感じはあるし、全開描かれた本当の出会いは本人たちどこまで認識しているのだろう?それ以上に認識された出会いがどうだったのか、コレットさんを知れば知るほどにカオスになっていく。

 みずきとすばるの関係は外野によって動かされた?このまま近づいていくことが出来るのか?というか周りの力がないとそれこそ近づいていくことのないだろうこの2人の関係はどんどん動かしていってほしいと感じるけれども果て2人の中にその意思が目覚めることはあるのだろうか?

 次回 「ちょっとさんぽへ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示