マクロスΔ 20話 「衝動 エクスペリメント」 感想!

未来を求めて

三雲救出

 ワルキューレって下手したらそこいらの実働部隊よりも現場で場数踏んでいる気がする。戦術ユニットではあるが戦場のど真ん中で歌うことが主目的であるはずだからこんなにも潜入工作が増えるとは全く持って想像なんてしていなかったな。だからこそもっと最前線でという思いもあるが

 すっかりミラージュがハヤテとフレイヤの関係に自分自身を入れ込むのを諦めてしまった感じはある。今回の怒号なんてまさしく2人を自分自身のことは置いておいて2人を鼓舞するそして近づける言葉ではあるのだからもうミラージュ自身今回の虎児は諦めたとも受け取れる感じだった。ここから怒涛の大逆転とかしたらすごいけれども。

 やはり最終的な物語の鍵は三雲が握っているか。彼女の復活がそれこそいい意味のみを示すとは思えないところではあるのだが物語を落とすには彼女の存在は必要不可欠だろう。

 次回 「切望 シークレット」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示