マクロスΔ 21話 「切望 シークレット」 感想!

V×V

ワルキューレ結成秘話

 ワルキューレの結成話を展開させつつ最終決戦への道しるべが示される展開。三雲ありきで作られたかのような感じではあったワルキューレではあるがようやくその今に至るまでが描かれたことによってワルキューレとしての強い絆が示されたように感じるかな。この戦いをもってしてワルキューレはその活動をやめることにはなりそうではあるのだが。

 初期段階でワルキューレに2人のメンバーがいたとは2人ともやめてしまったというのは何とも残念ではあるけれどもだからこそ三雲やフレイヤがやってくることが出来たともいえるのかも?しかしながらその2人が辞めずにいたらどうなっていたんだろうなとも感じるところではあったり。 三雲の出生が明らかになったことによって三雲がよりラストシーンで輝くことになったような。

 グラミア王をやったのはロイドだったか。でもすべてを掌で動かしているように見えるロイドもまた誰かの掌で踊らされているように感じるところではあるから最後誰と戦うことになるのやら…。

 次回 「極限 ブレイブ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示