銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 1話 「出撃」 感想!

輝きを手にするとき

マジプリアワー

 1話から侵略+撤退、チームのダメ実力、出撃+撃破と詰め込まれているんだな。短い時間の中でも基本的構造はしっかりと出しているように感じられるところではある。戦いやロボを見せるというよりはチームの成長を見せるという感じの今風作品ではあるしその辺り出しているんだよな最初から。

 アッシュの動きというのは今見ても力の入った動きをしているよなぁ。動画工房とオレンジという組み合わせによって明確な作業別けというのが出来ているからこそより各パートを魅せる形にこだわれたのかもしれない。TVシリーズとしての一つのCGロボ作品の到達点であり通過点になっているのかもしれないな。

 最初にチームの残念な実力を見せているからこそ後半の実戦が寄り輝くものになっているところも十分にあると思う。ここから彼らはより成長していくことになるわけだしそういった意味では彼らの成長がどうなるのかというところを見せた形でもあるのだろうと思う。

 次回 「ヒーロー誕生」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示