レガリア The Three Sacred Stars 4話 「虚勢 / PRIDE」 感想!

自分以外の気持ち

ここでいったん休止

 リムガルド王国消失の謎が物語全体の謎に繋がっているということなのだろう。消えたはずの王女が生き残っていることとレガリア自体のこともレナ自身ののことも…。最終的には国だったり王のシテの責務というよりは隣にいる人をどう守るか大切にしていくかという落としどころにはなりそうではあるが。

 ヨハンはラスボスというかすべて知っているということになるのだろうか?ギアを作る為にすべて消失させたといううことはないだろうけれども物語自身の鍵を握っている存在であることは間違いないとは思う。まだ彼らの全体的な目的が掴めて来ないところだけれどもレナが必要ってのはレガリアが詰まらないと目的が達成することが出来ないということでもあるのかな?

 レナとユイが事件以降少しだけは成れていた心を近付き合わせたことによって彼らが戦うことのこれからに関してお互いに反目しあったり心をふっ旅放したりするということはもうないかな? 1人や2人の戦いではない戦いを出していくのだとしたら王女として国を司るものとしての重圧はこれからより容赦なく降り注ぐことになりそうだが。

 次回 「反撃」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示