Rewrite 5話 「アサヒハルカ」 感想!

朝陽が巡る場所

辿りついた

 ルチアルート。ここが唯一の竜ちゃんルートでもあるという。全ストーリーが再構成されているから個別の話はより全体へと包括されるようにつくりかえられている感じが。一つの話としてまとまることなく次へとつなぐ物語感じを重視していると言ったところだろうか?後半への布石も張られたことによってOPやEDも様変わりさせそうではあるが。

 ルチアの手袋に隠された真実。命そのものだけではなく自らの運命すらも奪い去る能力。静流の一件も含めてまるで、この世界そのものを瑚太朗の手にゆだねるかのように瑚太朗の元にその為の必要な人材が集まっているようにも感じ取れる。最終的に瑚太朗がどうするのか最初の問いかけにように委ねられるのだろう。

 手と手が触れられる時それは全てが変わる時。ルチアの中にあったものは暖かさに触れてようやく灰色の世界は駆逐された。その温かさが続いていく限りはルチハはルチアであり続けるのだろうと思うし瑚太朗との関係がルチア自信を癒し続けていくことになるのだろう。それが運命からの脱却でもある。

 next #6
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示