91Days 3話 「足音の行先」 感想!

足跡は辿られて

引き金は止められない

 ヴァネッティとオルゴのファミリー間の戦争となってくるのかそれともネロが一旦逃避行したことによって戦争は避けられるのだろうか?と言いつつもネロの命が狙われ始めたことによってアヴィリオの復讐劇はやはり簡単にはいかないことになってしまったけれどもどうやって信頼を勝ち取り寝首を掻くのだろうか?

 ファンゴの存在が確実に復讐劇のジョーカーになってくるんだろうな。粘り気が強いだけになんだかんだで最後の最後まで生き残ることは明白のようにも感じられるし、ファンゴはヴァネッティを潰せればそれでいいというところもあるから何をやってもおかしくはないところではあるし、最後までファンゴは目の上のたんこぶであり続けるんだろう。

 ネロを取り巻く環境も穏やかではない。ネロが復讐を果たされることなく別人に殺される可能性も十分にあり得る環境下に置かれているから「復讐」の難しさと「復讐」の先にあるもの描かれていくのだろうか?

 next #4
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示