Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 2話 「襲来!玄鬼宗」 感想!

巡るめく運命


出会った時から運命共同体

 まずは仲間集めと言ったところだろうか?でも玄鬼宗側の幹部が少ないのが気になってくるところではあるんだよなぁ。蔑天骸がめちゃくちゃ強くてチャート持ちのような存在だとしても彼だけで幾たびの戦いを乗り越えていくのは限界があるだろうし何かしらの反転が待っているのかもしれない。それが物語の根幹を握っていたりして?

 殤不患たちの武装は基本的にモンハン構成なのね。基本的な仲間たちはこれで全員登場したみたいなのでこれからどのように絆を深めていくのか?というところに焦点が移ってくるのだろうと思う。一癖も二癖もある人材たちだけにそうそう簡単には一つの目的を目指すことは出来ないだろうが。この合いそうで合わない関係をうまく描いていってほしいところ。

 なぜ丹翡が追われていたのかという部分が明らかにされたけれどもまだ明らかにされていないところは十分にあるんだろうな。ここから二転・三転はさせることは十分可能だけれども、なんだかんだで王道路線に終始しするのだろうか?

 次回 「夜魔の森の女」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示