91Days 2話 「いつわりの幻影」 感想!

引き金は音を放つ

最初の引き金

 激動の91日間の始まり。復讐の刃がついに獲物にくらいつきはじめたわけだけれども狼は思った以上にハイエナに囲まれているらしい。復讐を果たて生き残るどころか復讐を果たすことすら困難な状況へと自ら堕ちていくことになってくるのかもしれない。狼が狼でなくなったとしても誇りにかけて復讐するのだろうか?

 アヴィリオに復讐のきっかけを作ったあの手紙を出したのは一体誰なんだろうか?もう地味に登場していても不可思議ではないだろうとは思うしこの手紙を出した人物が大きく今回の復讐劇そのもに関わっていても不可思議ではないし三すくみの勢力をどうにかするためにこの手紙をアヴィリオに出したともいえるかな?現状の証拠だとネロたちがそのまま関わったとは思いにくいところではあるのだが。

 アヴィリオの復習の始まり。殺しをしたことがなかったというのがアヴィリオ自身にとって不覚となっていきそうな予感が。総てを見られたのを逃してしまっている訳だしこれからアヴィリオはより死に近づいていくことになってくるんだろう。総てから狙われて最終的に誰も信じられなくなったりして。

 next #3
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示