2017年4~6月期(春期アニメ作品)TVアニメ総括・レビュー 的なもの。

2017年(4月~6月)春アニメ・春期劇場公開作品の一括レビュー<以下テンプレ>


*個人的にはあまりアニメやゲーム・漫画作品に対して点数をつける行為というのは好きではなく
嫌いといってもいいほどなんだけれども、一応分かりやすさ重視を目指して目安の点数をつけています。
10~-10点の20点満点で点数はつけています。。

*点数はあくまで個人的な感覚であり厳格につけている訳ではないのでその点はあしからず。

*基本的に1クールごとに放映終了した作品・上映した映画をレビューしていますが、
作品の視聴管理もかねてこの期間に初めて見終えたり、まだレビューしていない作品を
改めて見終えたりした場合にもレビューをしています。

*レビュー作品のネタバレ・賞賛・批判等々あります。 以下点数目安。

10点は10年に1作生まれるか生まれないかぐらいの傑作
9点はその年における優秀作品
8点はそのクールにおける優秀作品
7点は良作品 このあたりから押さえておく・一見の価値がある。
6点は基準点よりは上の佳作
5点が基準点 大きな可もなく不可もなく
4点はもう少しだけ何かが欲しい作品
3点は粗が目立ってくる作品
2点は粗が多くある作品 
1点は決定的に足りないものがある作品 
0点は粗も足りないものも多くあり過ぎる作品 基本的に4~0点に評価が固まる
-1点~-10点 不満が多く出ていてどうしても否定的になってしまう作品。



*リトルウィッチアカデミア TVアニメシリーズ 6点

 アニメミライ→劇場版ときてついにTVシリーズとなったリトルウィッチアカデミアである。アニメミライから換算して4年ほどの月日が経過した訳ではあるけれどもこれから先もこのシリーズは続いていくことが出来ると確信を持つことが出来たTVシリーズでもあるように思う。TVシリーズはアニメミライ+劇場版での設定をリセットしてのスタートとなったがそれによってさまざまなバラエティに富んだ話を展開することが出来たと実感できつつももっとさまざまな話を作り入れることが出来たのではないのだろうかとも思えるところ。終盤へと物語の収束させていく展開はそれこそ手綱さばきの難しさを感じさせられたところではあるが。それぞれのサイドストーリーや終盤への展開はかなり好みが分かれると思うところ。この作品でやりたいことそして出したい言の葉と未来に向けたメッセージと様々な夢を詰め込みつつも上手くそれらの要素を出すことが出来ていたと感じられるところではある。キャラクターたちの幅を考えるとまだまだ多くの話を作ることは十分できるだろうと思う。演出の力の入れどころも緩急をうまく使っていたように感じられるし、トリーガ5年目の集大成を踏まえてのこれからへとつなぐ作品になっていたように感じられるところではある。アニメミライからこういった作品が生まれたということこそこれらに通じるものであると思うしデスビリ・リトアカと『意味』を見題したと思う。

*BanG Dream!-バンドリ- 4点

ブシロードによるリアルライブ×アニメーションの融合的2・5次元の中核の一つを担うアニメシリーズ。長期シリーズ化を見込んでいるような節も感じられるところではあるがそれが現実的にどうなるのかは現状では見えてこないところではある。キャラクター設定が独特というか他の作品とは被らせないようになっているからかとっつき難さというものを感じてしまう所ではあるけれどもそれはシリーズを見通していけば慣れてくる部分ではあると思うしそれを徐々に味に変えているように感じられる作品ではあった。掛け合いの大切性を重視して掛け合いを楽しく魅せるというところを特化させていたように感じられるところはあったと思う。それによってキャラクター性を出していたト思う。全体的なところに関して言えば見据えていたものは出すことは出来ていたと思うが、それ以外のところで詰めの甘さみたいなもの感じてしまう所も十分にあったように感じられるところである。もう少し時間的余裕と全体的な長期化を見込んでいれば違ったかなと感じられるところもありキャラクターにどれだけ近づけるかが勝負の作品ではあったと感じるところ。


*テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(第2期) 0点

 ゲーム版をある種リメイクしてきた作品であるがそれには政治的な意図(バンナムの)を感じざるおえない作品でもあるところである。(ストーリ展開の変化やキャラクター関係そのもの変化等に)しかしながらなぜラストを放送延期したのかその絶対的な意図が見ること・見つけることは出来なかったように思う。(直後の再放送は完全な地続きであったし)戦闘的にそこまで負荷が高いわけではないように感じるところではあると思うし2期シリーズからはそれこそ人間のアクションシーンよりもエフェクトアクションシーンの方がデカかったと感じる作品ではあった。もっとCGのエフェクトを動かしてアクションシーンを作るのではなくて人間を動かしてアクションシーンを作ってほしい。人は動いていないからこそアクションらしさ戦闘らしさというものが極端に減ってしまってメリハリを感じない演出になってしまっていたように感じられるところだ。全体的なアクションの動きとしては1期よりも減ってしまっているように感じる。批判された部分を修正するのはいいけれども既存のパーティキャラクターの露出のパワーバランスが極端になってしまってもっと露出をしておけばアニメ的に映えるものが映えきることが出来ていなかったストーリー展開もちらほら見られたのは惜しいところではあると思う。全体的にスローボールを投げ続けた感じがして全体的に爆発するところがなかった作品に感じられる作品ではあった。


*夏目友人帳 陸 4点

 6期目となる夏目今回のシーズンでは今まであまり触れられてこなかった夏目の友人たちの話がメインとして語られる今までの切り口とは違った普通の人間たちの切り口が展開されたシリーズになっていた。払い屋一門の視点からでも今までとは違った切り口になっていたからこそ今までとは全体的に違った雰囲気でシリーズが展開されたように感じられるところだ。集大成的な展開も見られたがそれこそここまでシリーズがやってきたわけだし新たなる展開の布石も残されたからこそ綺麗に最後までやっていってほしいと感じられるシリーズではあるとその雰囲気や大切なものは失うことなく続いているからこそこれから先もこの作品はやらなければいけないことは残っているように感じられる。つまりはこれからもシリーズは続けていってほしいなと。人間切り口によって今までの夏目友人帳ではあまり生まれることのなかった視点が生まれて夏目本人にもより深みが増したように思うしシリーズを重ねているけれどもそれを不利とすることなくやっていっているのはそれこそこの作品の骨子がしっかりしているからであろうと感じるところ。人間の怖さもやさしさも妖怪の怖さもやさしさもあるかあこそこれはしっかりと出ていたように思う。


*GRANBLUE FANTASY The Animation 3点

 いわゆるグラブっている?的な作品という訳ではなくこういったスマホゲーム的な作品には珍しく一から展開させた王道ファンタジー作品となっている。序盤はそれこそファンタジー作品としての重大な部分を失ってしまったかのような展開というか演出で損していたとは感じるところではあるけれども開が進むごとによってその辺りは慣れていくことが出来る作品にはなっていたかな?もっと音楽的な力も強くしてファンタジーRPG感は押し出してもよかったように思う。原作は男女どちらかを選択できるがアニメでは男が本編、女がEXな使われ方をしている。EXだけ見るとこれでも十分展開できると思うから並行して広げていこう。本編はまだこれから先をにおわせていたが実際のところはどうなるのか?メインを除くとゲストキャラクターは多量に存在するがもっとゲストキャラクターにもメインキャラにもスポットを与えて人間性を引掘り下げていくべきではあったかなと感じられるところだ。ファンサービスで登場させているのだろうがアニメとしてより人物を広げていくことも一つのファンサービスではないのだろうかと考える。もっと激しいアクションを出していってほしかったところもある、カジュアルファンタジー作品としてはこの路線は成功なのかもしれないけれどももっとRPGゲーム感を強めてほしかったと思うところではあった。


*正解するカド 6点

 東映アニメーションとしては久しぶりとなるTVシリーズのオリジナル作品。CGと手書きのハイブリット作品でありCGの新たな技法を習得実戦していっている作品であると思う。老いを表現した日本のCG作品は少ないのでよりそう感じるところではある。小説家野崎まど氏が全話脚本を書いていることから氏の意思が色濃く反映された作品であるようだ。つまりが小説家野崎まどを知っているか同課によってもこの作品の色合いというものは強く変わると思う。作中で提示される「問い」と「答え」はあるもののそれは一遍的な物でしかなくそれこそこの作品が示す「問いと答え」は様々なものがあると感じられるところだ。中盤から一気にSF的な思考から真理的なものへとシフトするし視聴者を新しい情報の海へと突き落とそうとするところもあるがそれをどのように受け取るのかどうかというのもこの作品からの「問い」であるように感じられるところだ。情報量の多い作品であるからこそ上手く全体の情報量をコントロールして1話1話見やすいようにそれそれの言葉を理解しやすいように演出していたように感じられる作品ではあったと思う。そもそもの芯はブレることはなかったと感じらるところではあるし、この作品はより情報の解釈とコントロールが求められる作品であったと感じれるところではある。この作品を様々なところから見れば見るほどにより新たな情報を求められるかのように感じられた。全体的に言えばもちろん人を選ぶ作品ではあったと思うが選ぶからこその作品でもあったと思う。

*エロマンガ先生 5点

 タイトルで様々なものを振り落しにかかっている作品ではあるけれどもタイトルで振り落すこちが最初の目的ではあるのではなかろうか?俺妹の親戚兼続編的立ち位置にいるともいえる所があり俺妹で不評だった所を洗い直して好評だったところを強めたいわば主人公機の乗り換えイベントをこなした作品であると感じられるところだ。それぞれのヒロインを魅力あるヒロインに表現することを順守していて時間を掛けてぞれぞれのヒロインが魅力的に見えるようにそれぞれを掘り下げている作品であったと思う。まだ見えぬヒロイン決着の決戦においてこれを収めきることが出来るかどうかはまた別問題ではあるけれどもそれを焦土戦にしかねない力は十分に持っている作品であったと思う。メインルートの物語が少し弱いところも感じられたところはあるがその分ヒロインサブルートの充実っぷりはそれそのものをかき消すようなものであると思う。これほどまでに強めるならばそれこそヒロインそれぞれのルートを作り出せばいいのにと感じなくはないと思う。もう少し男たちが活躍してもいいとは思う。全体に序章なところはあるけれどもキャラクターによるキャラクターの為の作品と言った部分は強く出されていた作品であったと感じるところだ。


*冴えない彼女の育てかた♭ 6点

 1年と3か月ほどの時間をおいての2期シリーズと相成った作品である。アニメシリーズとして今までの問題を再提示しつつそれを片付けた形の作品となっており原作とは少し違う世界の歩みを見せる言うなればFDのような作品兼作風となっている作品ではあると思う。万遍なく話をばら撒いて全体的な世界を魅せることに重視した1期とシリーズとは違ってキャラクター重視それこそヒロインの心の心情重視の展開がされていたことも重要要素の一つであると感じるところ。それによってより人間ドラマ性というものを見せる作品となっていた。監督の1人コンテの為続編までに時間がかかったようではあるがそれによって全体の軸というものは最初から最後まで貫かれていたように感じられるところではある。皆でワイワイガヤガヤやっていた時の楽しさを知っているとそれこそ様々な問題が提起される分寂しさを感じてしまう所ではあるけれどもその分それをヒロイン属性というもので補っていたと感じる作品ではあったかなと思う。この作品タイトル通りにそのシナリオを完遂させた作品であると感じると同時にここで終わらせてしまうのは勿体ないと感じると頃ではあったり。作品内作品でもいいのでこの世界を広げていってほしいと思う。どいう形でもいいからメトロノームが見たい。出来ればアニメで見たい。


*進撃の巨人 Season2 2点

 進撃の巨人の2期目。1期からは4年劇場版からも2年が経ってからの2期となっており今作は1クールのみの作品となっているところだ。物語のアクションや謎が加速していく作りとなっているがやはり個人的には1期目と2期目の演出の違いというものをはっきり突きつけられたように感じる。1期目の全体演出と2期目の演出は違うものだと1話目ではっきりと突きつけられたように感じられたのは痛かった。久しぶりということもあってTVシリーズとして最初に何かを挟むべきではあったように感じられるところではあるかなと思う。この作品はそれこそ仕込み刃のようなところもあって最初から仕込んだ刃を見せつけ相手を落とすことが出来るが時間が立てばたつほどにその刃の輝きになれてしまうというところがあったと思う。やればやるほどに一気に走りきった方がこの作品は強みを出せたと思うと同時に力をすり減らしているようにも感じられてしまう所だ。文字として表現しにくいところではあるがやはり1期と2期は大きく本質が違うように感じられるし核となるものが違うもので構成されているかのように感じる。別のところでストーリーが動いているように感じられたところではあった。恐怖や緊張感とは違うものが表に出てきたように感じられたところ。3期シリーズもまたこれとは違うものを感じることになるだろうし思う。しかしながら次こそは同次官けうっとかよい形を模索する時でもあるように思う。


*終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 4点

 ネットでの評判から打ち切り危機を乗り越えてアニメ化した作品。原作者自身が構成することによってこの作品独特の世界観というものをある程度はアニメーションとして映し出すことは出来ていたように思う。ただ欲を言うのであれば全話脚本だった方がより世界をアニメの形にすることが出来ていたのではないのだろうかと思う。近年の作品としては珍しく「泣き」の要素が強い作品となっている。それをより出すためには中盤あたりの物語が一番この作品にとってのネックになっていたように感じられる所もある。それぞれのキャラクターに対してよりポイントよく掘り下げることが出来ていればよりこの「泣き」の要素を強くすることは出来ていたかなと感じられるところはあるかな。戦闘よりもいかにして登場人物に感情移入させるのかこの世界を理解させていくのかが一番重要だったように感じられる作品であったように思う。その難しさが出た部分ももちろん感じられる作品ではあったと。文章で読み噛み砕くからこそのこの作品の強さが出ていたがこの作品とて噛み砕いていくことによって良さが出てくる作品であると思うところ。原作も2部が始まっているがアニメとしてもこの作品は広げていくことのできる作品であると感じられたところではある。


*月がきれいas the moon,so beautiful. 4点

 恋愛アニメというよりは日常と恋愛要素が織り交ざったかのようなアニメーション。な嵐のような展開も演出もなくそこには日々の生活が存在していて尚且つどこかに居そうな少年少女によるどこかにあるかもしれない恋愛物語が展開される作品である。日常にある会話劇(しかも主題にならないガヤ会話)の自然さというものは追求されているように感じられるところだ。動きもそれとなく自然に感じるように作られていると思うところではある。主役の恋愛劇という主題はブレることがなくだからこその弱さも感じられてしまう所ではあるが月明かりのような恋愛劇というものは表現されたように感じられる作品ではあった。もっと時間をヒビと時間の勿れを感情の流れを描いていけばもっとリアルにすることが出来るだろうと感じる。しかしながら1クール作品だからこそのこの心理的描写の取りこぼしというのは少なからずあってそれが残念ではあるところで、自然な恋愛を描くことの難しさを改めて突き付けられたように思えてしまう。だぁらこそこれからこの作品を経て自然な生活の演出のあり方は更なる変化をしていくのだろうと思うところではある。こうした恋愛アニメーションが生まれたこそこそが奇跡に近いだからこそこの作品なこれからに何かを残せると思う作品ではあった。

*有頂天家族2 4点

 PAにとって初めての続編ものとなる作品3部作予定の作品ではあるけれども完結編がまた世に出ていないため本当の意味で完結編を見ることが出来るのは一体いつになることやら。1期は明確に一つの家族が映し出された作品となっていたけれども本作では別の複数の家族が映し出される物語になっている。視点が変わったというものはないけれども物語の毛色は変わったように感じられる作品となっているかな。明確な要素として泣きに近いものがあったけれども本作ではそれが無くなっていると感じられるところだ。1期以上に大きな問題が降りかかってきてはいるけれども一期以上にそれがきれいに解決されたとは言い難いどちらかといえば次なる章に持越しされているように感じてしまう部分も感じられるところだ。スタッフ構成も変わってしまった作品ではあるけれども全体の雰囲気としては時が経っても有頂天家族は有頂天家族のままであったというのは確かであると感じる作品であった。展開から広がりそして収束に向かっていくというのは多くの人間が高揚感に似た快感を覚えるところではあるけれどこの作品はもう少しその先にある結末をきっちり描いてほしかったところもあるかな。

*アリスと蔵六 3点

 この作品はそれこそ目を少しでも話すとあっという間においていかれそうになる作品である。フワフワとした作品でもあり重量感もあり形が定まらない作品ではあったかなと思うところだ。作品的に1・2部と分けられているが為によりこのフワフワした感じと重要感を感じる部分を強くしたのかもしれない。1・2部としての出したいテーマが強く違うようにも感じられたところではある。けれども最終的な目標は見据えられているところを感じるところもあるので全く持って別物を出しているという印象は感じなかった。この作品の強みはそれぞれのエピソード間にある日常エピソードではあるのだけれどもそれこそがアニメとしては表現したかった部分ではないのだろうかと感じるところもあったりする。それこそ1部に存在する明確な敵の片付け方とか面を喰らう部分はあるけれども疑似的な親子作品としてはこの作品にしか出すことのできないものと言うのは出来ていたように感じられるところではある。でも表現としてはもっと突き詰められていく事の出来る部分があるとも感じる作品ではあった。

*フレームアームズ・ガール 6点

 昔々武装神姫という作品があったそうじゃ。折角のアニメ化でメディアミックスのチャンスだったのに本店は動く気配すら見せずに展開が終わってしまったんじゃ…。折角ゲームやフィギアなどを展開していたのにも拘らず。また浮き出てくるチャンスだったのに…。○○○○コ○○。それを見てか知らずかは分からないが新たなるプラモ・フィギアのアニメ化作品が誕生したそれがこのFAGである。この手の作品の良いところを詰め込んだかのような印象でありつつ上手く全体的にまとめきった作品であると思う。それぞれのFAGの魅力を出しつつバトルも毎回しているけれどもマンネリにすることなく演出をすることが出来ていたと思う。最後の最後に展開されたダンスはそれこそファンサービスを超えたサービスのように感じられたところではある。人間の登場を絞りつつマスターである主人公をFAGと強く関わらせることによってこの作品にしかできないFAGと人間の関係性を描いたように感じられるところではあるかな。FAGたちの関係性も上手く型にはまってよいものを展開することが出来ていたように思うしそれそれがいなくてはならない笑いやシリアスを展開させていたかな。続編も展開させることが出来るような終わり方をしていたしこれから先もこのシリーズならばを期待できる作品になっていたように思う。様々な展開をうまく見せていたし新たなキャラクターをつかしていくだけでの展開をより見てみたいと思うところだ。

*クロックワーク・プラネット -1点

 ライトノベルでは珍しい共著の作品である。コミカライズを始めたころに同時にアニメ化も来るものだとばかり思っていたけれども思いのほか時間が掛かったなと言う印象がある。この作品がもたらすものは力強いもののはずではあるのだがなんだか実態を掴ませることなく突き進んでしまったように感じられるところではある。物語や演出でもっと力強くできるはずなんだけれどもそうならなかったというところだろうか?キャラクター数はそれほど多くはないんだけれどもそれぞれを深く掴ませることなく進んでしまったように感じられてしまったところではある。他にはないものを持っているのにそこを押し出されることなく突き進んでしまったというべきではあるのだろうか?そういった独自の要素を出し切れずに最初から最後までと感じてしまったところだ。キャラクターの造形自体はテンプレ的な要素も少なからずあるのでその辺りも影響しているのかもしれないがアニメとして最初から大ふるいにかけてしまったようにも思える作品ではあったと思う。

*ツインエンジェルBREAK 4点

 ツインエンジェル始動から幾年…。ついにツインエンジェルが入れ替わって後輩ツインエンジェルが誕生。分割作品っぽいけれども次につながってくるところが出来てているとはいえその次なる展開を見ることは出来るのだろうか? 前作とは地続きの作品である多前作のキャラクターも積極的に登場する作品である。ツインエンジェルの結構重大な情報が明かされたりして物語の核になるところは割と明かされていたように感じれるところだ。先代からの前代的なノリは変わっていない様に感じられるかなと思う。圧倒的に使い捨てにされている男たちは兎も角としてツインエンジェルへの掘り下げは十分にやっていたように思う。前作つまりは先輩キャラクターの使い方も多すぎる少なすぎずいいバランスを目指していたように感じられるところではある。出来れば大ボスまで登場して戦う展開が見てみたかったところではあるし、四天王はもう少しバランスよく退場してもよかったんじゃないかなとは感じっれるところだ。終盤はシリアス展開が多かっただけにもう腰かるめのライトハ展開や話が多かった方が個人的に言えばより楽しむことが出来たかなと感じられるところではあったように思う。次なる展開がどうなるのかは分からないけれどもツインエンジェルらしさは失わないでほしいと思う。

*つぐもも 2点

 妖怪もの?それとも付喪神系神様ものまたはそれらをの皮を被ったちょっとエッチなコメディ物であったのか?その答えを得るのは難しく思う。序盤のこの段階ではそれこそ様々なことを詰め込んだにすぎずそれこそその物語の本質の答えを見ることは叶わなかったように感じられるところだ。だからこそその答えを出すか出さないかは作品にとっての本質を取り逃がしてしまったようにも感じられる、かすめ取ることもあるのでそれこそ様々なものを押し込んだコメディものとして吹っ切ることが出来ないところも感じられてしまったように思う。どっち付かずまでとはいかないまでもなんだか宙ぶらりんになってしまったところは少なからず感じられてしまった。かといってそこまでエロを押しているようにも感じられずあくまで惹きつけるための要素として抑えられていたように感じられた。キャラクターや設定を使ってもっとさまざまなことを生かせる感じがしたけれども縮こまってしまって強くその魅力を押し出すことが出来ていなかったかなとあ感じる作品ではあった。いまひとつ年代風味から抜け出せなかったとそしてその良さを出し切ることが出来なかった作品であったと感じる作品ではあったと思う。

*ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2点

 1クールでや原作に換算すると5巻分突き進む構成はこの作品にとって尺が足りないのは見えすぎてしまっていた罠であったように思う。もっとじっくり展開させていけばよかったのになと言う印象はぬぐえないところではあった。そんな風に尺不足ありありな感じでもキャラクターの魅力や物語の光れば輝くところは十分に見えていたと思う。この作品だからこその要素も出せていたと感じるところ。でもそれらの要素をより光り輝かせることが十分に出来ていなかったと感じてしまうのは非常に惜しい部分であると思う。メインヒロインをメインヒロインらしく活躍させることと「禁忌教典」の部分をアニメとして出すためにはどうしても大まかに進む必要があったとも思うけれども…。序盤は十分に進む傾向が見えただけに後半になればなるほどに掻い摘み要素が増えたように感じられて何とも言えない全体的な仕上がりになってしまったように感じられてしまうところだ。もっとうまく展開させることが出来たと思うだけによりそれを感じてしまう作品ではあったと思う。

*笑ゥせぇるすまんNEW 0点

 幾数年ぶりのシリーズ復活作品。時代設定を現代に映しても福造のパワーは変わらない…と思っていたけれどもストーリーチョィスが偏り過ぎているように感じられた。さまざまなバライティニとんだそれぞれの話が見たいところではあるのにいつも同じようなストーリーを展開させていれば全体的なストーリーにおけるマンネリ感は拭えないものになっていたように感じられるところだ。それこそ福造が悪いように見えてしまう話ばかりだったこともあってよけいとストーリーが右向け右になってしまっていたように感じられる。それでは折角の1シリーズ24話ほど物語を展開させることが出来るのに右向け右では作品という料理を殺してしまっているような印象だ。大味付けだけすまして料理を出しているかのような作品になってしまっていたのは悔やまれるところではある。現代的なテイストを時代を超えて通じる要素のある作品だからこそより行かせたと感じられるだけにこういった形になってしまったのは残念でしかないと思う。演出や全体的な要素は現代に合わせることが出来ていたと思うのでこのストーリーテイストをよりよくすればまた長く続けられる作品ではあると思う。

*武装少女マキャヴェリズム 4点

 アクションアニメトラブコメを掛け合わせたかのような作品。原作でいうところの1部完という感じで切りよく終わっているので全体的に上手くまとまっていると感じられる作品ではあるところ。アクションシーンに関して言えばもっと動きが欲しかったところではあるところ必殺技演出はよくもあり悪くもあり半々といったところではあるかなと感じる。それぞれのヒロインで担当話数もストーリーも区切られているので全体的に見やすくそれぞれの話もコンパクトにまとめられていたように感じられるところであるしギャグ演出もそれとなく全体を崩すことはなかったように感じられる作品ではあったと思う。アクションやそれぞれの流派に対することメインストーリー以外のサイドストーリー展開をもう少し柔術させるとよりキャラクターを広くなっていたかなとは思う。ヒロインの出番という意味では圧縮されているようにも感じられるところもあったのでそれを広げる意味合いでもあった方がよかったかなと思うところではある。序盤の演出や展開が気に入れば最後まで付き合うことが出来る作品であったと感じられる作品ではあった。

*ID-0 4点

 谷口監督×黒田脚本というコンビによる新作はCGアニメーション作品となっている。ロボットものなのかな?定義的にはロボットものではあるけれどもどちらかといえば人型タイプだから巨大ロボット系とは言えない。しかしながらこのコンビ宇宙が舞台の作品が多い気が?序盤は軽い雰囲気をやりながらラストには一気にタネアカシとシリアスへな展開をする…1クールでは題材を昇華しきるというのは難しく感じられたところではあるかなと思うところ。作品テーマは昇華実感できたけれども展開的に言えばよりやるならば2クールは欲しかったかなと感じるところだ。それでもメインキャラクターの数がかなり絞られていたこともあってそれぞれに感情移入しやすいように気を付けられていたと思う。キャラクターの味付けも上手く差別化されていたと思うしそのキャラクター主体で作品を見るようにされていたように感じられるところではある。DVDのCMを見ても。全体的に盛り上がるようには出来ているけれどもなんだか物足りなさを感じるところは感じられる作品ではあった舞台は大きいけれどもこじんまりしているように感じあっれたし地球や人類の危機と言っても作品内ではあまり実感を持てなかったように感じられたところはあった。変に凝り固まるよりは1クールしかないのであれば単純な熱血物でもよかったかもしれない。

*アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 5点

 ぷちますのような人知を超えたキャラクターは登場しないけれども本編とは違う世界線のSD劇場である。プチの方はかなり長めにつづいたが本作は本編のキャラクター属性の種類に乗っ取ってなのか3か月展開のみとなっている。けれども十分にこれから先も展開していくことは出来るだろうしほぼ無限のように物語は作ることが出来るだろうからこれから先の展開も十分に期待できる作品にはなっているように感じられるところだ。本編でサブとなっていたキャラクターもメインで登場することもあるだけに原典そのものの知識は十分に必要なように感じられる。その辺りのフォローは少なからず欲しかったかなと感じられるところ。本編では出来なかったはっちゃけた展開もありいい意味で本編とは大きく差別化することが出来ている作品であると感じられるところだ。まだ未登場の登場人物もいるだろうしこれからの可能性を感じることのできる作品とはなっているように思う。だからこそもっとさまざまな官ら見たいと感じる作品ではあったかなと思うところでもあるかな。

*ゼロから始める魔法の書 1点

 えっ!?1クールで1巻分のみ物語を提供する?そんなことが出来る?出来らぁ!!した作品。この1クール12話で1巻分という全体構成はよい方向に働いていたようにも感じられるところではあるし、もちろん悪い方向に働いていたようにも感じられるようになっていたと思う。よいところは描写を削ることなくキャラクターを万遍なく掘り下げることが出来るということでもあるそれぞれのキャラクターに対して時間を掛けることが出来てたと思うところ。悪い方向はやはり物語全体がゆったりと進むので展開に対して単調性を感じてしまう所であると思う。かといって展開を早めたらこの作品の持ち味はそれこそ削れてしまったように感じられると思えるだけに全体的なことを再興するのであれば何とも言えない絶妙にかゆいところを突いてしまった感じはすると思う。アクションとか大きなどんでん返しとか演出的に派手に展開されるシーンが少なくてそれこそ演出が全体的に落ち着いてしまったというのもこの絶妙にかゆいところが残っている感覚の原因ではあるだろうと思うところだ。何とも現代的なアニメ展開と物語そのものの展開があっていなかったように感じる作品になってしまっていたように感じる作品ではあった。

*弱虫ペダル NEW GENERATION 1点

 弱虫ペダルの3期シリーズである。3期シリーズは2クールで展開されることになったが1期の時とは少し事情が違うとはいえ全体的に中途半端に終わってしまったように思う。次なる展開はあるだろうけれどもまたレース途中で終わってしまうのはなぁと感じるところも少なからずある。1・2期の5クールでの積み重ねが一番出てきたところもあると思う。どの学校も1年と3年がメインで2年にあまりスポットライトが当たっていなかったこと、新たなるキャラクターが登場するけれどもさらに強いキャラクターに至る前に大会になってしまったことは作品を引っ張りきれなかったところではあると思う。どの学校も元3年キャラクターが強く押し出されていたところではあるのでその書けた穴はなかなか埋められ切れなかったように思う。一気に大会に至ったことも今作からの新しいキャラクターを十分に掘り下げきれなかったところに拍車をかけてしまったかのように感じられたところではある。また特定のキャラクターをよく魅せようとして特定のキャラクターを悪く演出させることも多くメンタル面のこともあるとはいえ無理やりな足の引っ張り合いはそこまでやるべきではな勝ったと思う。過去がデカすぎるために押しつぶされたかもしれないがそこは踏ん張って次のシリーズで綺麗に見せてほしいところ。

*ソード・オラトリア-ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 - -3点

 ダンまちのヒロインの一人であるアイズを主役にした外伝。本編と密接にリンクしておりまさに本編の裏側で起こっている出来事が描かれる作品となっている。本編の方の主人公の成長速度を見るとこのクールで描かれた出来事は時間が経っていない様に感じられるけれども意外と作中内の時間が経過していると思われる。全体的な演出は本編と変わっていてアニメ的に言えば別作品と言っても過言ではないと思う。大きな謎が放置されるままになっているのは仕方のないところだとしてもストーリー展開はなんだかもやもやするところではあった言い知れない雰囲気が漂っているというかあらゆる意味で本編とは別物という以上に違うものを見ているかのような印象が最初期からするところではあった。まるでノンフェクションの映画作品の総集編バージョンのダイジェストを見ているかのように視点が定まらないというか感情移入がしにくいようになっていたと思う。アクションやストーリーが目を見張るというところも少なくてダンまち独特なものも感じられないそんな作品になってしまっていたかなと感じられるところではあった。この作品らしさというものが少なかった作品であると思う。


*秘密結社 鷹の爪 GT -1点

 シリーズも10周年。でも全体的に話を作りづらくなったところがあるのか休止割合も増えてきたように感じられるところだ。天丼するのはいいけれども一つ一つの話に力をあまり感じなくなってきてしまったところではある。オチがなかったりオチが弱かったりする回が増えてきた感じで何とも短編アニメとしての力をギャグアニメとしての力を失っているような感じがするところではある。シリーズ的に一休みすることもアリなのではないのだろうかと感じるところではあったりするわけで。ワンシーズンとしてのオチもなんだかDXファイターに頼ってしまってそこまでシリーズ全体の総括という感じではなくなってしまったように感じられるところだ。なんだかんだで長編物はラストにあってもよかったのではないのだろうかと感じられるところではある。現実的なコラボレーションも増えたことに寄ってより見えない何かに雁字搦めになってしまったかのような感じでもあるかな?時折弾けまくる回が合ってよかったと思うしこのシリーズではその八茶け具合は少なくなってしまって落ち着いてしまったと感じられるシリーズではあったと思うところではある作品であった。


*南鎌倉高校女子自転車部 第13話「来たよ、台湾!!」 4点

 幻となっていた13話目である。最初からパッケージ用だったのかそれともちゃんとTVシリーズ中にこの話数も組み込まれていたのか?というところは判断しにくいところではあるが12話として一応区切りがついているからこその特別篇となっている作品である。実質台湾旅行記の側面が強く自転車というよりは旅行ものとしての側面が強い話になっていると感じられるところだ。夏海と夏海のそっくりさんのスーを主軸として夏海の成長というか将来に関わる物語も提供されていて異国の地での成長物語という側面も少なからずあるかな。全体的にはいつも通りの延長線上にありつつもいつもとは違う旅行観光記が描き出されていたと感じられるところだ。自転車者で海外進出している作品はそれほど多くはないような印象は近縁の作品ではあるしそれをうまくカバーする海外進出だったようにも感じられるところ。派手なものはないけれどもいつもものといつもとは違うものを出すことが出来ていた話ではあったと思う。


*僧侶と交わる色欲の夜に・・・ -4点

 webコミックのアニメ化作品であり短編作品。web限定とはなっているが完全青年向けのシーンも存在する作品となっており地上波党は劇場によって規制されている作品である。ある種この作品の型式は大きな賭けであり試金石であると思う。だからこそこの作品の形式がこれから先も長く続いていくのかは分からないしこの形式はもっと違う形でやるべきではあったかなと思う。短編作品であるが故の構造と規制構造はすこぶる作品にあっていなかったと思うし感じる作品になっていたように思う。大切な描写というよりは心理描写を無くしているかのごとく忘れたかのように進行していく様はそれこそ大切なものを投げ捨ているかのように感じられるところではある。それならばこの構造でやる必要性があるのだろうかという大元の部分かの疑念を感じざるおえないところではあるのだ。劇場もそれこそ内容をフォローするわけでもなくただ隠す為に存在するだけのものに下がってしまっていたわけではあってこれでは何も生かすことなく作り上げてしまったかのように感じてしまう所ではあったりする。もっと心理的なところをフォローしつつやっていけばこの作品の強みも出すことが出来ただろうと思うだけにね。

*スタミュ 高校星歌劇(第2期) 2点

 TVシリーズ1期→OVAを経ての2期シリーズとなった作品である。シリーズとしては学年が上がったことによって1期にいた先輩が卒業していることもあってかキャラクターとしての大きなパンチ力を失ったように感じらっるところだ。もちろん登場するけれどもそれこそ常に出番があるわけではないのでその分の力は失っている。既存のキャラクターやそれこそ2期シリーズからのキャラクターももちろんいるわけではあるけれどもメイン処ではなかったキャラクターを新たに掘り下げたり新規のキャラクターをより盛り立てるという意味ではあまりそれが出来ていたとは思えないところもある。寄り掘り下げていって負けないキャラクター性を多くのキャラクターに持たせてほしかったかなと思う。ミュージカル描写に1期シリーズとは大きな変化はなかったけれどもより挿入変化があったりと2期になったからこその変化は欲しかったかなと感じるところではあった。堅実ではあったけれどももう少しばかりの冒険は欲しかったように思う。

*アキンド星のリトル・ペソ 1点

 LINE原作の短編アニメーション作品である。お金の大切さを知る旅という建前は早々に打ち砕かれていたように感じられるところではあるけれどもその建前を隠れ蓑にして地味にLINEらしさというか友達と繋がることを重視した作品であるように感じられた。これはお金の大切さをこの短編形式でやるよりはそちらの方がやりやすいからということもあるのだろうと思う。まあ本編では金の力商売の力にものを言わせてそれこそ他の惑星荒していたようにか感じられないというネックが存在するように感じられる作品ではあったのでそちらの方がよかったのだろう。でもそれならばその建前を排除して最初から繋がりを演出する作品に仕上げてくれればよかったかなぁとも感じられる。荒しているようにしか思えないところではあるといううのが繋がりに対する矛盾というかさまざまな惨事に近いことになったのにその後繋がりを求めてくるのは少し違ったかなと感じられてしまった。短編作品としては気軽に見える作品だったことは確かだろうと思う。

*兄に付ける薬はない!-快把我哥帯走- 6点

 中華作品中国原作の作品を日本の制作がアニメ化した形になっている。中国の一般的な?学生の兄妹を描いた作品となっているギャグアニメーションである。短編作品にしておくのはなんだか勿体ない気もする作品ではあるが短編作品であるからこそテンポよくうまくまとまった作品になったのではないのだろうかと思う。中国学生の日常を描きつつも不思議かもしれない兄妹関係は何とも言えないものそれこそ上手く歯車がまとまっている兄妹関係を描き出した作品であると思う。完全にベテランの漫才師の関係のような2人兄妹の関係は毎回楽しめる作品となっていると思う。1話1話上手く落としどころがあると感じるし全体を通しても上手くまとまっていたように感じられるところではあるかな。よく飯の話題が出てくるのはお国柄であるのかそれとも監督のによる飯の引き寄せ位になるのかどっちなのだろうか?ある意味で一週間の一度の癒し的な作品で精神を落着けてくれるかのような印象のする作品ではあったと感じられるところだ。それこそこの作品もずっとやっていけるのではないのだろうかと思えるけれどもどうなんだろう?

*喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys- 3点

 同名ゲーム作品のアニメ化作品である。本編そのものはスピンオフではあるのだけれども本編よりも先にこちらの方がアニメ化するとは喧嘩番長がアニメ化するなんて思っていた人間はどれくらいいるのだろう?短編作品としてうまい演出がなされていたOPに本編入れ込むとかインタビュー形式による独白によってストーリーや登場人物の心情を表すとか…。しかしながら一番のネックはやっぱり短編作品であったことだと感じる。普通に1クール30分全12話でもやりきることは出来ていただろうと感じるだけに短編作品になったことによってその魅力を十分に示すことが出来ていなかったように感じられるところではあるのだ。格闘シーンも現実に沿ったものが展開されていてこの作品独自の要素として演出することが出来ていたと感じるところではあるし、そういった良さを持ち合わせていたからこそストーリ-展開の配分で四苦八苦することになっていた尺の問題短編作品としての問題に突き当たってしまっていたように感じられるところではある。キャラクターも上手くそれぞれを出すことが出来ていただけに何とも惜しいところを感じざるおえなかった作品ではあると思う。

*ベルセルク(2017) 4点

 ベルセルク黒の剣士編の分割後半クールな作品である。アニメーションとしてはなんだか全体的に落ち着いたように感じられるのはある程度仲間との出会いと合流を経たこととそれこそ目的地の定まった旅の途中での一端が描かれているからでもあるのだろうか?演出的な挑戦というかアクションの強さはもう少し求められてもよかったように感じられるところではあると思う。ストーリー展開と相まって全体的な落ち着きを感じてしまったように感じられる作品ではあったと思うところだ。だが物語の中核を新たにになうキャラクターも登場したことによって物語の表現の幅は広がったように感じられるところではあった。劇場版時代からの積み重ねもある作品ではあるのでキャラクターを見せることがd駅ているという意味ではこれ以上ないってかこれからよりどのようにキャラクターを広げていくのだろうかと感じるとこもあるのでその辺りは今後の展開を期待したい。原作の展開からしてこれから先の物語がアニメで見ることが出来るのか?それを今知ることは出来ないのだがいつか見られる日がやってくることを期待したいところ。

*ラブ米 -WE LOVE RICE- 5点

 和食の中心お米を擬人化(イケメン)させた作品である。この作品は明らかにネジを2~3本失った上にもう確実にサイズの合っていないネジを失ったネジの所に入れたかのようないろいろな意味で吹き飛んだ作品である。コメネタを使ったギャグの応酬、ハーベストショーの謎。ラストに現れる謎のラーメン存在、対立する米とパン、空飛ぶ顔、恐怖の突っ込み役不在の空間。登場人物たちがマジで米っている作品であるのだ。一度食べてしまえばえり好みなんぞ吹き飛ばしてしまうかのような力を持った作品であると思う。最後まで序盤の勢いを殺すことなく続けることが出来ていたように感じる。ある種ついていくことが出来るものだけものだけついて来い!を実践している作品ではあると思うところもあるだけに付いててこれる人間は実は多くないかもしれないがついていくことが出来ればまた違った世界を見出すことのできる作品ではあると感じられるところだ。2期をにおわせたというかやるつもりでいいるようではあるがこの作品をより生かしたものとなってほしい。ED曲はこの為にもあるかのようだった。

*ひなこのーと 4点

 きららじゃにないよコミックキューン出身の作品。演劇と人見知り少女というかけ合わさらないようなものを掛け合わせた作品である。妙にセクシーするのは総監督の意向と原作の意向がマッチングしたからだろうか?演劇作品として演劇を見せるというのはどの手の演劇題材作品にもありがちなあまり演劇しない作品になってしまったのは残念ではあるところ。もっと寄りしっかりと演劇やってもよかったと思うんだけれどもねぇ。折角の演劇要素をたった数分で終わらせてしまうのは勿体ないと感じる。それぞれのキャラクター特性は出せていたしそれを利用した展開も多くてうまく話を転がすことが出来ていたように思う。一人一人に愛着を持つことが出来るように作られているというか自然とそこに馴染めるようになっていたかなと思うところだ。初期からほぼ中心メンバーをそろえての作品だったので全体の趣向としては演劇以外の部分も少し固まってしまったように思えるところもあったと思う。キャラクターを増やせばいいという訳ではないがもっと幅広い展開は見たかったかなと思う作品ではあったかなと。この作品の独特の雰囲気に馴染むことが出来れば最後まで飲み干せる作品だったと思う。

*まけるな!!あくのぐんだん! 2点

 ブシロードが放つ短編アニメ。原作から配役まで豪華絢爛な作品となっている。でも1期シリーズとしてはそれこそプロローグが描かれたといった感じではあるからもう少し物語が全体的に進むとよかったかなと思うところではある。むちゃくちゃ突き抜けている訳ではないけれども堅実でありそして着実に進んでいく作品ではあったと感じるところではあるかな。メインの3悪バカリスポットライトを浴びることが多かっただけに他の人間族のキャラクターにもよりスポットライトを当てていってほしかったと感じるところもある。さらに言えば3悪の中にも結構な格差があるからなぁ。キャラクターが大いに盛り上がった後ならば兎も角として序盤であるこのシリーズではもう少し万遍なくキャラクターを出していった方がよかったかもしれないと感じるところではあった。でもこの手の悪の奮闘記を見るのも少なくなった感じはするのでより世界を広げていってほしいなとは感じるところではあったりする。そういったところでは誰に感情移入するかによって大きく変わる作品ではあったかと思う。

*カブキブ! 1点

 歌舞伎をテーマにしたアニメーション作品。この作品がアニメ化したのもディーン制作になったのもいわゆる落語心中があったからではなのではないのだろうか?部活(同好会)でやる展開にしているとはいえ動きも寄り大きくなる歌舞伎をアニメーションとして再現するには難しさが感じられたところではある。しかしながらこの作品はそれこそ歌舞伎に興味を持ってもらおうとしているところが十分に感じられる作品であったのはよかったように思う。学生なりの工夫を表現提示していたのは落語を広めていきたいファンを増やしたいという思いが感じられた。シーンとしての歌舞伎はそれほど回数は多くないのは残念ではあるがちゃんとした見せ所を長尺枠を用意したのはよかったと思う。歌舞伎ということもあってとっつき難さというものは十分に感じられてしまう所もある作品ではあっっと思うしアニメーションと歌舞伎の融合を到達点とするならばまだ端をご登り始めたバカリの所にいるように思う。まだこの先にも進める作品ではあるけれどもこの作品に用意されたハードルというものは大きすぎたのかもしれない。

*覆面系ノイズ 0点

 花とゆめから出ているバンド物の漫画作品である。複雑な恋愛とまではいかないかもしれないがそれこそ三角関係を演出しようとして初期設定的に分かりずらくしてしまった感じがある作品ではあった。それによってなんだか感情移入しずらくなってしまってそれがずっと尾を引くことになってしまったように思う。劇的なドラマにしようとしてなんだか収拾がつかなくなったようにも感じられるそれこそこの作品は三角関係を中心に見せていくべきではあったとそれ以外の要素はあくまで添え物として展開していくべきではなかったのだろうかと思う。バンドメンバーが途中から変わったりして外野のことが本編の要素を進めていくうえで足を引きずっているかのごとくになってしまっていたように感じられる。それぞれのキャラクターを出していくうえでも一人一人順序良く見せていくべきではあったように感じられるところではある。核を出したいと先行してしまった結果かなと感じられてしまう作品ではあったト思うし魅力を引き出すことが出来ていなかったと思う。


*戦隊ヒーロー スキヤキフォース ―ぐんまの平和を願うシーズン― 0点

 STUDIO4℃によるショートTVアニメーション。劇場版を主体に製作しているSTUDIO4℃がTVシリーズをそれもショート作品を手掛けたのは予想外であったと思う。なぜにスキヤキなのかなぜに敵がシュークリーム戦闘員なのか根本的な謎はさておいておき基本群馬の町々を転々としてそこにあるものを伝えていく作品ではある。戦隊であるのだからその基本骨子に沿った作品ではあったと感じる。でも群馬の宣伝をきっちりできていたのかと言うとそうでもないような気もしてくるところだ。この作品から群馬が上昇気流に乗ることが出来るかどうかは分からないけれどもどこを目指したのかという意味では様々なところを目指した結果出来上がってきたものがこれであると感じる作品ではあったように思う。一つの方向性に絞った方がより伝えるべきことをやれたのではないのだろうかと思うけれどもこのごった煮こそこの作品の魅力であるようにも思えるところではあるかな?なんだかんだで味方側よりもない回登場する敵方のキライダーの方に愛着を持ってしまうというのは最大の欠点であるのか最大の利点であるのかはたしてどちらに働いているのだろう?いくらでも出来そうではあるしさまざまな都道府県版も見てみたい?


*王室教師ハイネ 3点

 Gファンタジー連載中の作品。王室教師と4人の王子が繰り出すギャグアニメ?序盤というか1・2話あたりはなんだかうまく歯車が嵌っていないような展開をしていたが回数が進むごとによって物語もキャラクターも上手く表現することが出来てきた作品であると思うし、その分キャラクターに対する思い入れを作ることが出来ていたように感じられる作品ではあったと思う。作品独特の間というものを表現するのは難しい部分だったかもしれないそれが序盤のもどかしさに現れていたのだろうか?しかしながら王子一人一人にスポットライトが当たり始めるとその独特の間をうまく表現することが出来始めてきたように感じられる作品ではあったと思う。まるで教師と生徒の関係のように少しづつ変化を実感することが出来る作品であったと思うところだ。この作品で必要なことはこのクールだけで表現も出来ているように感じられるところではあるしこれから先をアニメでやるというのは難しさもあるかもしれないけれどもずっとやっても不思議ではない作品へと仕上がっていったように感じられるところではあったと思う。教師が生徒に勉強を教えるように生徒が教師を知っていくように時間を掛けてこそ進化のある作品であったと思うところ。


*タイガーマスクW 4点

 実にターガーマスクのアニメとしては34年ぶりの作品となり1作目の続編扱いとなっている作品である。女子プロレス+実名選手の登場などに加えて更なる現代的な要素を追加しての作品となっていて近年の深夜帯では珍しく3クール作品として作られた作品である。1作目殻地味に地続きをしている作品とはいえタイガーマスクを知らなくても実際のプロレス選手を知らなくても楽しめる作品になっていたかな。タイガーマスク系列多すぎ問題とかあるけれどもダブル主人公という要素をうまく活かした作品であると感じられた作品であった3クールという長い期間があったからこそ上手くダブル主人公制を生かすことが出来たのかもしれないと感じるところはある。その意味に近づけるまでは時間が掛かるけれども時間が掛かった分の良さはあると思う。流石に中盤や終盤に向けての展開はやきもきさせられるところもあったけれどもコメディやシリアスをうまく織り交ぜながらも展開していった作品ではあると感じられるところだ。プロレスシーンも力の入れどころをしっかりしていたト思うし魅せるべき試合は魅せるというのはきっちりできていたのではないのだろうか?連続して何作も重ねていないからこそこの時代にあったタイガーマスクが生まれることが出来たのかもしれないと感じる作品ではあった。


*Room Mate 1点

 OneRoomの男子版オリジナルアニメである。短編やキャラクターが3人と似ているところもあるが本作はオムニバスで作られていない連続したシリーズストーリー物となっている。同じマンションで暮らす住人と管理人という設定で語られているためかそれぞれの出番に偏りがあるように感じられるところ。男側の設定もそれぞれある為にちょっと説明不足になっているように感じられたところもある。短編恋愛ものとはいえ決着をつけなかったのはちょっと違うかなと思う。前回のワンルームとの差別化の為にストーリー物になったのだと思うけれどもやっぱりそれぞれの魅力を4話使ってやった方がよかったように感じられてしまう所は強かったように思えるかな。そうすればそれぞれのキャラクターの魅力をより出すことは出来ていたと思うところではあるのでいろいろと中途半端に終わってしまったという印象む拭い切れないものとなってしまったように感じられるところではあった。このシリーズが続くかどうかはわからないけれども1クールで1ヒロイン・1主人公の作品は見てみたいかなぁ。そうするとより冒険をすることが出来そうな感じがするところではあるのだが…。

*銀の墓守り 0点

 中華作品であり1話15分ほどの作品になっている。2期は決定積みの作品である。オンラインゲームを題材としている作品である。中国語版と日本語版では一部異なるストーリー展開をしているそうな。表現倫理に関することの違いによってなのかは分からないが…。1話あたり約15分という短さも相まってあまりストーリー部分を魅せることなく展開が流れていってしまったように感じられるところだ。メインは恋愛的なところも感じられるがその路線を押し出すにはメインの絡みが少なすぎるところではあるしオンラインゲーム要素もあまり打席れていなかったかなと思うアニメ内オンライゲームの知っていることが前提で動いた部分も大きいから全体の構造を把握するまで時間が掛かってしまう所がある作品ではあったと感じられるところだ。もう少しわかりやすくしてもよかったかなと感じられた。物語りも1期部分では序章と言ったところではあって本格的な要素を出し切れなかったかなと思うところではある。説明部分は完了しているから2期では大きく動けるかな…?

*恋愛暴君 -2点

 恋愛なニメーションの皮を被ったギャグアニメではあると思う。濃ゆいキャラクターを多く持つ作品ではあるがそれを物語に生かしきれていたかと言うとそうではない様に感じられるところではある。序盤はそれでも順調に勢いで転がすことは出来ていた部分はあるが樒登場辺りから徐々に歯車が回らなくなってきたように感じた。トリッキーなキャラクターで場を回そうとしても完全な出口のない行き当たりばったりな展開になって答えの出ないものを無理やり作り出していたように感じられてしまった。それによって大きな停滞感はすごく出てしまっていたように感じられる。樒を登場させずとも物語は綺麗に続けられたのではないのだろうかと。恋愛要素が低くなりすぎていてこの作品の恋愛要素が必要性があまり感じられなくなっていってしまったところもある。濃ゆいキャラクターはあるけれども奥行きを出し切るには至っていないようにも思えたしサイドストーリーを無理くり作ったかのように感じられてしまったところもある。下味の付いていない大味がずっと続いていたかのような作品に仕上がってしまっていたように感じられる作品ではあったと思う。


*世界の闇図鑑  0点

 闇芝居が図鑑になったよ~的な作品ではあるのか?直接的な繋がりが存在するのかはともかくとしてコプセントや方向性としてはがっつりタッグを組んでいるよに思える。それなのに毎回恐怖を演出するために絵自体を変えることはいいけれどもなぜに実写回が存在しているのだろうか?予算なのかそれとも本当の意味での演出であるのか?考えれば考える程に踏み込めないところに踏み込んでいく感じではある。闇芝居の方が長く続いているからある種穴埋め的に用意されたのかもしれないと思う。芝居の方とタッフを組んでいるからこそオチとか方向性もタッグ。もう少しこの作品らしさというものは見てみたかったかなと感じるところではあるところだ。そういったところも含めて名前を変える必要性があったのかどうかというところも少なからず感じてしまう作品ではあると思う。闇図鑑としてのこれから先があるのかというのは分からないけれどもよりこの作品らしさwというものをパワーアックさせていってほしいと思う。


















*実写映画 暗黒女子 3点

 岡田磨里氏初めての実写脚本作品である。ミステリー小説が原作となっている作品ではあるが、人と人がぶつかる時に生まれる黒き気持ちはオリジナルとなっている作品でありその黒き部分は多数存在する作品である。ミステリー作品としては初級編というかかなり深層に近づきやすいように序盤からヒントを出している作品であると思う。それゆえにミステリー作品としての謎解きに対する要素は少なくなっていた作品ではあるかなと感じるところ。むしろこの作品は謎解き要素よりも人間の黒き欲望を押し出した作品であると感じられるところだ。それが一気に爆発する後半が作品の肝になっていると感じられる作品でありそれが最大のエッセンスかつマリーが脚本に呼ばれた意味合いを見出してしまう作品でもあると思う。人間の欲深きキモチ悪さを前面に押し出した作品ではあるのでそれをどのように思うのかたべたものは吐き出すことは出来ないからこその喉に残る質感をどう感じるのかはこの作品に対する印象を決定づけるように思う。だからこそ慣れていると後味の悪さをあまり感じることのない衝撃をあまり感じない作品にはなっているかなと思う。前進したのかそれとも共有したのかそれとも後退したのか。人の暗黒面を楽しむそれがこの作品であるのだ。

*映画 レゴバットマン ザ・ムービー 5点

 「レゴムービー」に続くレゴの世界を舞台にした作品。今回の主役も一般人という訳ではなく前作にあたるレゴムービーにも登場していたかまってちゃんヒーローのバットマン。このレゴシリーズはシリアスやアクション主体というよりは家族ムービーであり笑いやパロディにあふれている。WB作品や他のDCシリーズからのゲストキャラクタ-も多数登場するある種お祭り騒ぎの作品ではあると感じられるところ。最終的には家族を認めることが出来なかった作ることが出来なかったバットマンが家族を作るまでの物語が展開されていてバットマンの新しいヒーロー像が描かれているように思うところ。ジョーカーもレゴになったことによってかわいらしさが爆発。後バットマントジョーカーの関係性はどう見ても悪役とヒーローという役柄を超えたものを感じさせるところではある。一回くらい一線超えてそうな関係性に感じてしまって致し方なかった。バットマンとジョーカーだけではなくサブキャラキャラクターたちも豊富に活躍する。レゴブロックが集まり過ぎて若干見づらいシーンも存在するがバットマン・DCの基本的な要素を抑えるだけでもちゃんと楽しめる作品になっていると思う。あと大抵のことはアイアンマンのバーカ!で解決する。

*実写映画 ゴースト・イン・ザ・シェル-攻殻機動隊- 0点

 押井守監督の「GHOSTINTHESHELL/攻殻機動隊」をベースとしたハリウッドリメイク作品であり実写映画作品となっている作品である。ベースが初代ということもあってリスペクトしたしーんもちらほらあるわけではあるけれども、それでもハリウッドらしさと攻殻機動達らしさというものがケンカしながら同居しているような印象を受ける作品ではあったと思う。ハリウッドが押し出したい要素と攻殻機動隊が攻殻機動隊である為に必要な要素がお互いにそっぽを向いていたように感じられる作品ではあった。電脳世界を利用したストーリー構造が展開されることなく刑事コロンボ的に犯人が見えた状態での推理合戦・捜査合戦をしているかのような作品であって作品を生かしたストーリー展開がなされていたとはあまり思えないところではある。映像的な革新も欲しかったように感じられるところではある。地味に収まっていたというかセンセーショナルに第二の攻殻がデビューしたというのであればそういったところを出していってほしかったかなと感じられる作品であった。二つの名前や自分自身が何者であってどこにいるのか何のためにそこにいるのかというところは綺麗に押し出していたがやはり地味目に収まり過ぎていたように思うし、どんでん返しが起こりうるようなドキドキ感みたいなものは感じること葉出来なかったのは残念なところではあると思うし、この作品がなぜゴースト・イン・ザ・シャルどまりなのかというのが強く押し出されている作品ではあると感じる。

*劇場版 夜は短し歩けよ乙女 4点

 四畳半神話大系を原作・スタッフを同じくする姉妹作品の劇場版作品となっている。本当ならば四畳半のTVアニメ化の前後にこの作品もアニメ化していても不思議ではなかったと思う作品ではある死それから7年の月日を経て今アニメ化することになろうとは誰が思っていただろうか?スタッフも原作陣営も引き継がれていることもあって四畳半神話大系のパワーアップ版の演出が取られているし神話体系を楽しめたならばこの作品も違和感なく楽しむことが出来るだろうと思う。劇場版クレヨンしんちゃんのノリがそのままやって来たかのような全体的なノリは懐かしくも感じられるところではある。原作からリミックスされた要素はあるけれどもそれはそれとしてまとまっている作品には仕上がっていると思うし、それぞれのキャラクター性を生かした全体的な作りになっていると感じられるところではある。一人から始まった箸運びが広がっていってまた最終的に一人の所へと還っていく縁の表現はこの作品の核とも言ってもいいと思うところではある。そのことは上手く表現することが出来ていたのではないのだろうかと。四畳半を楽しむことが出来た人ならばちゃんと楽しむことが出来る作品そう思える作品であったと思う。


*結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2章 「たましい」 4点

 全3部作の2章目である。日常パートとこれからの物語に繋がる物語そのもののシリーズそのもののターニングポイントが展開される章となっている。1章目では清廉お淑やかなところがあってそれを完全に抜いてこのゆゆゆらしさというものを生かすことが出来ていない部分ってのは少なからずあったと思うのだけれども、2章目では日常シーンの展開においてらしさを取り戻しているかなと思うところではあるかな。ちゃんと笑えるシーンになっていたというかこの作品にあったものが出てきていたように感じられるところではあった。後半のラストの展開を生かす為でもあるわけだがこれでもかというくらいに日常シーンはネタが放り込まれていたのが特徴的な仕上がりとなっている。ある種どこまで詰め込むことが出来るのかといった具合に入れられていたのが印象的だ。だからこそラストシーンはシリーズの分岐点が生まれることを印象的にすることが出来ていると感じられるところではある。これを踏まえてこれからどうしていくのかというところではあるが。このシリーズではほぼ死者はでないあkらこそのこの分岐点は上手く紡ぎ出してほしいと思う。


*実写映画 ReLIFE リライフ 2点

 web漫画発TVアニメ化もされた作品の実写映画作品となっている。1年間の物語がきっちり描かれる作品となっておりオリジナルのラストで締めくくられる作品となっている。1年間の物語を映画の尺に収めるために原作・アニメ等で展開されたエピソードは全体的に掻い摘む程度になっているのと登場人物の精査・設定の変更が行われている作品となっている。今粗悪品には恋愛要素も出てくる作品ではあるがこれがこの作品のメインとして出てこないがメインに寄り添う形で展開されている。必要性を感じるか?と言われればそうではなく自然とそこにあったかのような形で描かれているのも一つの特徴である。この作品としては今をどのように大切にしていくのかというところと自分自身に影響を与えたものが自分自身を通してどのように周りに影響を与えていくのかというところがメインテーマとして描かれているように思う。そこから何を選びだすのかは自分次第ではあるが今を大切にすればこそ変わることが出来るのだと。この次はTVドラマシリーズにでもなりそうな予感がするところではある。掻い摘まれているところもあるからテーマ性を感じにくくそれを影分身させたかのように感じるところもある作品ではあるかなと思う。いわばダイジェストではないけれども平坦に感じるところもある作品ではあったと。


*映画 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ 4点

 クレしん映画シリーズも本作で25作品目となる本作は「友情」をテーマに作られた作品ではあると思う。野原家の家族の絆の強さを押していく部分ももちろんあるが野原家としては父として母としての立場を守る立場を認識する側面が強く押し出されていたように感じられる作品ではあったと思うところだ。全体的にはギャグシーンが少なくなっていて冒険友情物語という側面が強くなっていたように感じられるところではある。ラストシーンも含めてもう少し辛くてギャグの濃ゆいものになっていればより個人的には個のみだったように感じるところではあるが、ちゃんとボスをボスらしく最後までたたせていたのはいい方向性転換だと思う。ラスボスはそれこそゲスではあるがだからこそ野原家との明確な違いとシリリとしんのすけの友情を色こく反映させることが出来たのではないのだろうかと思い至るところではある。異種交流・友情を描いた作品とするならばそれを中心に近い形で射抜くことは出来ていた作品ではあったかなと。作品自体に対する好みの違いはあるけれどもテーマ性というものは十分出すことは出来ていたと思うし方向性としては上手くまとまっていたと思う作品ではあった。

*劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌 4点

 劇場版シリーズ21作品目のコナンである。名探偵コナンというよりは名探偵ヘイジであるが、コプセント的には初心に戻ってコナンをやるということであるので平次で最初期の劇場版コナンをやったという感じではあるかな?久しぶりの爆弾ばかりが登場する作品になっていたわけではあるし。平次の恋愛模様も描かれる作品ではあるけれども平次自身がこの手の話題にアンテナ入っていないこともあってかオチ力がなんだか悪い方向へとひた走っているのが締めくくりとしては残念なところではあったりするところ。また長長編をいつもの尺に収めたということもあってか前半駆け足気味の説明パートがあったのはらしくない感じになってしまっていたかなと思う。作品の核を担う事件そのものはミスリードあり徐々に事件導師を繋げていく方式が取られていて全体的に中弛みさせることなく展開させることに成功していたように感じられるところではあった。アクションシーンとかの数量としては少ないかなとは思うけれどもその分ダイナミックにしていたように感じられるところではあったりする。まさに平次の為の作品であったからこそ振り返りつつも新しくしているような作品であったと思う。


*実写映画 3月のライオン 後編 4点

 実写映画版の3月のライオン後篇であり原作が当初予定していたラストを描く作品となっている。いじめ問題や失踪していた実父の帰宅など前半よりも零の将棋の物語というよりはその周りの物語いうなれば川本家の物語としての側面が強くなっているように感じる物語ではあった。だからこそ自分自身を再構築するための対局、再構築した後の対局が印象的に描かれたと思うところでもあるが、零の精神的な成長もより出せたかなと思う部分もある婚約問題やラスト対局シーンなど投げられてしまっている部分も少なからず感じられてしまうのが残念なポイントではあるが、これは生き抜くためにしてきたことを好きであることを実感するための物語であり今までやってきたことは「間違ってなんていなかったんだ」と感じる物語という部分が強調されていたわけであってその為の物語でもあったように感じられるところではある。全体的な将棋とそれ以外のバランスとしては前半の方がよかったと思うだけに荒事が多かった分後篇はまとめ上げるための苦労が垣間見えるところはあったと思う。だがしかし実写映画3月のライオンとしての出すべき部分は出した物語ではあると思う。


*映画 美女と野獣 (実写版) 4点

 アカデミー賞作品部門にもノミネートされたディズニーアニメーション版美女と野獣の実写映画作品となる作品である。主人公であるベルや野獣に感情移入して楽しむ作品というよりはそれこそベルや野獣の関係をその関係の変化を温かく見守るという視点から見る作品であったように感じる。そんな視点が村人から城の使用人たちの存在から作られることによってベルと野獣の心の変化を見ていく作品であったと感じられるところではある。もちろんベルや野獣視点からの話もあるが重要な心の変化の過程としては使用人たちからの視点になっていると感じられるしだからこそ、それが強く押し出されていたと感じられるところではあるのだ。ミュージカル作品をあまり嗜まい人でも楽しめるように作られていたと感じる作品ではあった氏、分かりやすく作られていたと感じられるところではあった。結末を知っていても楽しめる作品であり新たな側面を着る取るのではなく伝統を生かした作品であったと感じられるところではある。


*劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆 4点

 TVアニメシリーズ1期・2期それと劇場版ハイスピードこの3つの作品を繋ぐための作品であり新三部作となっている作品の第一章的な作品。完全新作が控えている為新作ではないものの新規シーンがいくつも加えられたことによって新たな脱皮を行なっているいわば再構築されている作品ではある。OPやED刷新されておりTVシリーズ2期でいったん幕を閉じた物語のその先に行くためのバトンが渡されている作品であると感じられるところだ。タイトルに「絆」と付けられているだけあってメインとしては絆を中心として本当のチームが作られるまでの物語が描き出されている。今の自分にできることをこれからを見据えるために必要なことを中心として描き出しておりある種新作と言ってもいいのかもしれないくらいに全体図が違って見えるような作りになっている。だからこそ全体を見るにはシリーズを追いかける必要性があると感じられるし、TVシリーズ2期を中心として構築されているので分かりず楽なってしまって言うところがあるのは否めないところではあるかなと思う作品ではあった。しかしながらバトンは上手くこの先の完全新作に渡るように作られていると感じるのでこれをうまく渡しきってほしいと思うところ。


*映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界 4点

 TVシリーズ展開から2年半が経過しての初の劇場版である。はじめての劇場版ということもあってかオールスター感の溢れる作品になりつつも、作品の基本骨子・基本に立ち返った物語が展開されていたように感じられる作品であったように感じるところではある。TVシリーズにて覆い隠されてきた要素が遂に明かされるところもありつつ、TVシリーズへと持ち越されるというかより強い要素として展開されることになりそうな要素を持ち合わせた作品ではあったと感じるところだ。TVシリーズの延長線上にありつつもそれだけでは終わらないシリアスを展開していたと思うし子どもたちへのメッセージ性が強い作品でもあったと感じる。だからこそTVシリーズも最終的にはこの基本骨子に立ち返ることになるのかなと感じるところ。劇場版オリジナルキャラクターの物語もTVシリーズからのキャラクターの物語も上手く2つの物語と融合させていたと思う。劇場版だからこその物語でありつつTVシリーズから含まれる集大成的なところもありでも一番は子供たちのメッセージそれが詰まった作品であったと思う。

*映画たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦! 0点

 たまごっち20周年記念作品として「かみさまみならい ヒミツのここたま」の同時上映作品として約9年ぶりの劇場版作品として登場した作品である。同時上映としてここたま要素もひっそりと登場しているけれどもコラボレーションとしてはそこまで大きくはない。たまごっちの最新TVシリーズのノリを享受していないところもあってそのノリに親しみがない分何とも言えないところもあるのだがいつの間にかたまごっちたちが多量に増加していることに驚いたりしなかったり、20周年らしい要素もあるけれどもそのネタを新シリーズの直撃世代に分かるのか劇場版ここたまを見に来た世代に分かるのかなとも感じるところではあるのだけれども…。全体的な尺が約10分ほどというところもあってか本当に記念的な意味合いで制作されている作品ではあると思う。そういった意味ではもっとお祭り感を出してもよかったのではないのだろうかと感じるところもあるのだけれども。これレばかりは致し方ないところではあるのかな。

*映画 無限の住人 4点

 同名の漫画作品を実写映画化した作品である。TVアニメシリーズも過去に展開されている作品ではあるが今回の実写化はどちらかといえば原作完結記念という要素の方が強く出ているだろうと感じるところではある。息つく暇もないくらいに殺陣そしてまた殺陣とほぼ全編にわたってチャンバラをしている時間の方が長い作品である。それゆえに1人1人の殺陣シーンが短くコンパクトに収まっていることと基本のストーリー展開はされるが深いところまで展開される物語というところは排除されている作品になっている。原作のストーリー構成は同じではあるが中身の展開はオリジナルになっている作品でもある。物語りに深みを求めていくと肩すかしを喰らってしまう所ではあるが復讐劇かつチャンバラというところを最大限押し出した作品になっている。万国ビックリ武具祭りではあるのでもっと一人一人のアクションシーンをじっくり堪能したかったというところはあるがこればかりは尺の都合上致し方ないところではあるのかもしれない。痛快復讐劇・心揺さぶられる復讐劇という訳ではなくこの作品はまさにエンターテイメント復讐チャンバラ劇でありチャンバラを楽しむ作品であったと感じるところだ。

*映画 帝一の國 6点

 ジャンプスクエアで連載されていた同名作品の実写映画となる。原作者の他作品もアニメではなく実写化されておりその意味でいえば実写化しやすい作品ではあったのではないのだろうか?物語としては生徒会長を目指す成り上がりストーリーではあるけれども陰謀渦巻く個性豊かなキャラクターたちの様々な一手が見られる作品となっておりまさにキャラクターたちが物語を作り上げていく作品ではあったと思う。それぞれがそれぞれを輝かせるためにいて尚且つ自分自身も輝くそんなキャラクターたちばかりではあったがそれを食い合うことなくうまく調和をかなでいていたと感じるところではある。生徒会選挙における謀略も描かれるから立場が多くの登場人物たちが目まぐるしく入れ替わることになるのだが視点と目的がはっきりしているからこそそれによって物語が醜くなるということはなかったと感じるし全体的に親しみやすい物語として作られていた印象である。最初から最後までギュッと止まった作品ではあると思うしエンターテイメントとして笑いも忘れることなく散りばめられていたと感じるところではあった。シュールなところはそれこそ実写だからこそ展開できていたと感じるところではある。上手く作品の演出と映画としての演出がかみ合った作品であったと思う。


*劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY- 3点

 劇場版FAIRYTAILとしては2作品目となる作品。本作は原作者ニポルプロデュースが前作同様に行われており尚且つ原作の最終章の為に用意されたオリジナルストーリーとなっている。の為か原作からのキャラクター絞られており全体的に少ない人数でストーリーとアクションを回していた作品であったと感じる。それは原作ファンとアニメファンの為に作られた作品であるという側面が一番強いからであろうと思う。アクションシーンは要所要所に用意されており序盤から終盤までアクション尽くしという訳ではないけれども飽きさせないように入れ込まれていたように感じられるところだ。ストーリー展開も原作の最終章に繋がっていくポイントも見られたと同時に家族のそして仲間の物語として起承転結纏められていたように感じられるところだ。時間の長さや短さを特に感じさせることなく突っ走っていった作品ではあったように感じられるところだ。全体的にシリーズファンの為の作品ではあるがもう少し戸口は拡げられていてもよかったのではないのだろうかとは感じるところではあるがファンの為に原作とつなぐために作られた作品だからこそここれで十分ではあったのかもしれない。つまりはボーナス的ファンムービーではあったかなと思う。


*あにめたまご2017 ちゃらんぽ島の冒険 3点

 スタジオコメット作品でありあにめたまご2017年の1作品目の作品である。長い間朝アニメつまりは子供向けの作品を作り続けてきたコメットが生み出したということもあって朝アニメとしてTV放映されていても不可思議ではない作風となっているのが特徴的な作品となっているように感じられるところではある。数多くのキャラクターが登場している本作ではあるがもっと登場人物を絞ってより内面・キャラクター性を出していけばよかったかなと感じるところではある。ちゃらんぽらんというところは出してはいるけれどももっとより強く押し出してもよかったんjyないのかなと感じるところではあったりするわけでその弱さは感じられてしまったかな?冒険要素は上手く出していただけにかわいらしさいじょうのキャラクター性を生み出してほしかったと感じるところではある。そうすればTVシリーズとしてリファインされても十分に通じる作品ではないのだろうかと感じるところではあった。

*あにめたまご2017 RedAsh -GEARWORLD-  2点

 STUDIO4℃作品でCGアニメーション作品となっている。1本分できっりち完結かと思いきやこの作品続き物なのである。短編アニメなのだからそこは起承転結しっかりと1本の尺で抑え込んでこそだとは感じるところではある死、長編物として羽ばたくのであれば最初からそれに合わせて尺を取り翼を拡げて作品を作り上げてほしいとは感じる。設定過多になって字幕で説明を入れてしまうのは勿体ないしあっていないと感じるところではあるのでこれをまずどうにかしてほしかったと感じるところ。キャラクターも設定も十分以上ではあるとかんじるところではあるのでそれこそちゃんとした尺で展開することが出来れいればより強みになっただろうと思えるところではあるかな。CGアニメーションの進化は実感することが出来るわけではあるのでこのやりたいこと・展開したい物語と全体的の尺の物足りなさから感じてしまう何とももどかしいこの感じが何とも言えないところではある作品になってしまっていたようにかんじられるところだ。


*あにめたまご2017 げんばのじょう-玄蕃之丞-  5点

 日本アニメーション作品である。信州塩尻の民話を元にして作られた作品である。狐と少女の交流物語でありつつ狐たちの人間たちとの大化かし対決ともいえる作品になっているように感じられるところだ。起承転結収まりよく作られていたように感じられるところではあったし短編作品と氏てうまく納得することが出来る物語に収まるようになっていたと感じる。心に染み入るように心の中に入ってくるかのように丁寧にやさしく物語が彩られていたように感じられるところではある。悪役がいないからこそこの物語作ることが出来たかもしれないしそれぞれがやさしさを持って接しているからこそ優しい物語が作ることが出来ていたのではないのだろうか?狐だからこそできる化かし技も鮮やかなことながら馴染みやすさを感じる演出になっていたと思う。古風でありつつもとらわれ過ぎていないようなエッセンス的な新しさが上手く調和した作品であったかなと思う。これを発展させていけばより日本昔話をより強くしたシリーズが生まれそうな予感はする。


*あにめたまご2017 ずんだホライずん 6点

 SSS合同会社・スタジオ・ライブ・ワオ・コーポレーションによる3社合同企画作品。メインキャラクターの東北ずん子は実在するキャラクターであり周りのキャラクターもそれに追随するキャラクターとなっている。ずんだ持ちを広めるために働き大豆を巡り戦争・そこに現れる悪の小豆・そして謎の餅神様これほどのごった煮感のある要素をうまくまとめあげた作品となっている。ミュージカル風演出もさることながらシリアスな笑いの要素をうまく作り出しているように感じられるところではある。シュールな空間がなぜか病みつきになってくる。見た目だけでは判断することのできない食べ物を食べているかのようなそんなような作品であるように感じられるところではある。このノリについていくことが出来るのかどうかという悪の強さは存在しているようには思うけれども一度病みつきになってしまえば忘れることが出来ない作品となっているように感じられるところではあった。現実の企業キャラクターのコラボレーション作品の側面に新たな光を与えた作品ではあるのかもしれない。

*劇場版(OVA) ブレイブウィッチーズ 第13話 「ペテルブルグ大戦略」 4点

 一応劇場版扱いにはなっているものの尺的に考えてTVシリーズの未放送話数を上映もしくはOVAを上映した作品となっている。本編の7と8話を繋ぐストーリーが展開されており502が主役というよりはゲストキャラクターである501のエイラとサーニャが主役の回になっている。ネウロイとのバトルメインの回ではなく日常回メインの話となっておりサーニャ・エイラが502と交流を繰り広げるタイプのストーリーが主塾。幻となっていたOVAvol4を見ているかのような作品であったと感じるところだ。そこでこの話が展開されていたらまた違ったかもしれないけれどもようやくそれを見ることが出来たと実感する物語であったように感じられる。尺として短いことは何とも言えないところではある死もっと長くても十分によかったとは思うがこの短さだからこそサーニャとエイラの関係に寄り寄ることが出来たのかなとは思う。502の面々の活躍を期待すると肩透かしを食らってしまう所ではあるわけではあるがOVAシリーズの続きとしてみるとこれくらいなのかなと思える作品ではあった。


*実写映画 サクラダリセット 後篇 5点

 実写映画サクラダリセットの後編完結章となる作品である。完結に向けて明確な敵とも対立する正義とも呼べる存在が登場するがその決着のつけ方が独特であるように思う。相手を「負かす」のではなくて妥協点を見つけて納得させる。相手が正義であり自分も正義を提示しているからこそできる物語の決着であると思う。2つの大きな意図がこの作品には連なっておりそれを中心に見せる構成・演出になっていつ為にその糸を支える複数の糸が少し見えにくくなっているように感じられるところがあったのは残念なところではあるかな。もう少し周りの行動も見せてくれていたら町全体街にいる人間たちが動くという感じが出てよかったかなと感じるところではあったかな。この作品は全て組み上がった後に再度ばらして組み立て直した作品であると思う。だからこその物語がっどうしても100%の物語をすべてを提供することは出来ないからこその変更も受け入れられることが出来たのではないのだろうかと思うところ。完ぺきではないけれども完成された物語であり一つの新しい始まりに至るまでの物語が描き出された作品だったと思う。

*映画 夜明け告げるルーのうた 3点

 湯浅監督の初めての劇場用オリジナル作品となる本作。人間と人魚の交流を描いた青春劇となっている。「夜は短し歩けよ乙女」と連続公開されているところもあるからか今真mでファン向けの作品だった要素が薄められて万人向けの演出になるように作られていたように感じる作品であったと思う。それでも監督らしさというものは随所にあってダンスシーンとかはまさに監督だからこそのシーンであると思うと同時にギャグシーンは思いのほか少なく感じられたのはちょっと残念なところではある。物語を収めきる為に小ネタの方を脇道にそれるところをカットしてしまったかのような印象も感じられた。サブキャラクターのサイドストーリーも展開されるけれども展開されるにしてはあっさりに収まってしまったというところは強く出てしまっていたかなと。それこそ個性的な面々が揃っていたからこそ寄り人間を掘り下げていけば物語により強い彩を添えることが出来たと感じられる部分が強くなってしまっていたように感じるところだ。綺麗な終わり方をしているからこそよりブラックに終わってしまっている影の部分が気になって喉に引っ掛かった小骨のような感じになってしまっていたと思う。それだけにもう少し人間舞台をコンパクトにしていたら印象は違ったかなと感じるところだ。

*映画 BLAME !-ブラム!- 4点

 シドニアの騎士で展開された90秒ほどの映像がプロトタイプとなり底から発展して劇場企画として本格的な長編映像化となった作品である。設定が設定ゆえに基本的な光源がない作品ではあるが画面上暗くなり過ぎずに遠くの方や激しいアクションシーン・動きの少ないシーンでも何が行われているのか?というのが分かるように作られていたように思う。この暗いシーンでもというのはなかなかやりきっている作品に出会わない時もあるのでCGの違和感をうまく消している上でも上手く演出されていたと感じるところだ。原作10巻ほどの物語を再構築して劇場用の物語として再構築しているために役割が大きく変わっているキャラクターも多いみたいだが上手く一本の物語として構築されていたように感じられるとこではある。単一視点によって全体的に馴染みやすい浸し見やすい物語になっていたと感じる。激しいアクションや複雑なストーリーで難解という訳ではないがこの作品はある種映像化されたことこそに意味があるようにも感じられるところだ。だからこそこの作品が紡ぎ出した要素はこれからにより強い意味を出してくると思う作品ではあった。

*映画 バイオハザード:ヴェンデッタ 5点

 バイオハザードのスポピンオフ的なCGアニメーション作品の第三弾である。人気キャラクターのクリスとレオンが初めてタッグを組む作品でもあり「7」がいつもの人気メンバーとは違う人材を主役においていることもあってか、こちら側はもう一つの本編的な形になっていたようにも事前的な宣伝を含めて感じられるところではある。アクションシーンが主体の作品は全体的に最初から最後までうまくアクションシーンが散りばめられており見ごたえのあるシーンをうまく配置している作品であると感じられたと同時にCG作品としてやってしまいがちな見づらさというものはあまり存在しなかったように感じるところでもある。キャラクターの表情とかもう少し技術力向上を待たねばならない部分も存在するところはある。Aウィルスがラストにあっさり駆除されてしまったりしているところはあるけれども5~6路線というかアクション路線作品としてはちゃんとバイオハザードしていたようにも感じられる作品ではあったと思う。続編の構想もあるようではあるがあるとするならばそれこそCG作品としてアクション路線は継続していってほしいと感じられる作品ではあった。

*映画 メッセージ 1点

 この作品を一言で表すならば「アメリカ版いま、会いにゆきます」だろう。未来を知ってもなおその未来通りの選択をするというのはこの作品を彷彿とさせる要素だったと感じられるところではあった。地球外生命体との接触を描き出した作品ではあると思うが、それそのものが主題ではなく作品タイトルにある通り「メッセージ」というものがなんであったか?というのをひも解いていく作品であったように感じられるところではあると思う。それそのものには様々な解釈があっていいと感じるしなければならないだろう。原作が短編小説ゆえのこの「メッセージ」という要素でもあると感じられるところだ。作品そのものは静かな森の湖畔のような立ち振る舞いをしていてそこから一つ一つゆっくりと様々な要素を組み立てて構築していく作品であったと感じるところ。静かゆえに驚き屋展開の激しさみたいなド派手さとかはないしそれゆえに作品の原風景である森の湖畔の風景をどのように感じるのかが作品に対する思いそのものになってくると感じられたところである。

*映画 LOGAN/ローガン 6点

 Xメンシリーズのスピンオフ作品でありウルヴァリンを主役にした最終作。これだけ見るとXメンシリーズの集大成的な作品でもあると感じられるところではある。アクションシーンも激しさを見せており綺麗に回っているかのようにも感じられるところではあるPG12になっているがそれを感じさせないスピード感があるアクションシーンではあったと思うところだ。シリーズを全く知らなくても楽しめる要素や物語は十分に展開されていたと思うし、キャラクターについても知識がなくてもついていくことは十分にできると感じるところだ。またこの作品だけでもシリーズとして繋がっている核以上に作品単体の核を十分に出すことが出来ていたと感じることのできる作品に仕上がっていたと思うところだ。ローガンが男として父親として一人の人間として見せた物語が上手く交わっておりそれを考えれば考えるほどに何かを得るかもしれない作品ではあったと思い至るところである。その終焉もだからこそがなされていると思う。シリーズを紡いできたからこそだけではないものがあったと思う。もちろんシリーズとしてのこれはあったと思うけれど。この作品のローガンが見せたものはこれから先受け継がれていくことになるだろう。

*トモダチゲーム 劇場版 1点

 TVシリーズ×劇場版2部作による善三部作の実写化シリーズなのに中盤にあたるこの劇場版から見てしまった系の作品。いわゆるデスゲーム系の作品であり基本骨子がこの作品から見ても分かりやすくなっているように感じられるところではある。それこそ人間の内側に秘めた黒さとどのように折り合って友人関係を維持できるのかというところが主眼の作品ではあると感じるのでそなお足りの波長と合うのであれば楽しめる作品には仕上がっているように感じられるところ。人間関係は展開されるドラマの中でそれなりにこの作品だけでも回収できると思う。終盤の次につながる展開と今回のゲームの逆転タネアカシが展開されるまでは人間ドラマ中心ではあるがこの辺り展開がもう少し早くてもよかった。神の声にも出ているからわざとやっているところではあるのだけれどもその分人間のどす黒さというもの秘めたるものを解放していくその様をより色こくやっていってもよかった作品ではあるかな。第三者か加入することによって人間のどす黒さ部分を出すことが牛れてしまっていたように感じられる部分も少なからずあるように感じられたのは残念なところではあったかな。1・3部あってこその2部という側面もあるからすべてをひとくくりにできるわけではないけれども…。


*映画 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ 2点

日本のアニメ作品である「鋼鉄のジーク」をモチーフにしたイタリア映画。ジークのアニメでも実写化でもなくその作品が出てくる作品である。作品タイトルと中身はかなり違う作品となっていると感じるところだ。ジーク要素はあるけれどもジーク要素はなくても楽しめる作品となっているが、ジークを知っていればより楽しめるところはある作品にはなっているように感じられるところ。また一人の男の心の変化を中心に描く作品ではあるのでその辺りの合う合わないというところは強く出ている作品ではあるように感じるところではあるかな。全般的にゆったりというか心の変化が中心であるので高揚感というか盛り上がりを常に提供する作品ではないから単調に感じてしまう所ではある。終盤辺りまでそれが強く出てしまう所があるのはちょっと残念なところではあるかなと感じる作品ではあった。物語が動くまでに時間がかかってしまったが為に寄り波長の合う合わないが出てしまったように感じられるところではあったかな。正義と悪のバランスをもう少しとってもよかったと思うところだ。

*劇場版 KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 7点

 「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ作品であり2部構成であり前作「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の後編である作品である。前作から約1年5か月ぶりの続編となっている。続編があることは十分に示唆されていたので続編公開までに時間がかかったのが予想外ではあったがその分の溜めこまれたパワーは十分以上に爆発させた作品となっている。凝縮された時間は時間を感じさせない作品になっていたと思う。上映時間的にもう少し長くストーリー展開やプリズムショーを見たかったという思いは生まれてきてしまうけれどもそれを補って余りある展開がなされていたと感じる作品である。演出は十分以上に強化されておりそれこそシリーズの集大成的な部分も感じるところではある。しかしながらもっとすごいものを見ることが出来そうな予感を感じさせるのはこの作品の強みでもあるのだろうと感じるところだ。謎や今後の展開の布石とも取れるような部分は残されているがこの先を見ることが出来るのかそれはまだわからないが十分に出来るように感じられる作品ではあった。このシリーズがどうして惹きつける力を持ってさらにはそのちあkらを衰えさせないのかその秘密・核心が詰まった作品であったと感じさせる作品であったと思う。この作品の煌きそして力はまだまだそのパワーを見せてくれるだろうと思う。

*映画 CHAOS;CHILD SILENT SKY -カオス;チャイルドサイレントスカイ- 2点

 TVシリーズの後日談に位置する作品でありゲーム的に言えばTRUEルートが描かれた作品となっている。TVシリーズにすると2話分相当のストーリー量があるのだがそれでも十分にTRUEルートにおける話の展開を十分に総ざらいするには尺が少なかったように感じられるところではあったように思う。置き去りになってしまっている話、描写されなかった話等々があるように強く感じられてしまったのは少々残念なところではあると思う。この作品で大切なのはそれこそ主役の2人ではあるけれどもその2人のストーリーを強くした分アニメとしては周りの話は弱くなってしまった形かな。だからこそよりその2人によって周りをより描写しなくてもよかったんじゃないかなとも思えるところではあったりする。バランス取りとしては難しいところではあるけれども全体のバランスとしてもう少し押しが強ければよかったように感じられるところではある。ちょっとTVシリーズの延長線上から抜け出すことが出来なかったのは残念ではあるかなと感じるところ。ビターエンドではあるけれどもビターエンドの良さをより見てみたかったと感じるところではあったりする…。

*劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女 -3点

 TVシリーズから3年ほど経過しての劇場版。TVシリーズから地続きではなく間にTVシリーズではやっていない原作エピソードを挟んでの劇場版オリジナルストーリーとなっている。全体の演出や達也あげあげするストーリー展開は今までのシリーズとほとんど変わらないだろうと思う。しかしながらこの劇場版では達也を上げるばかりで他のストーリー展開やキャラクターを放置した状態になっているように感じられるところだ。サブタイトルは意味をなさないものへとなりかかっているわけではあるし尚且つ物語を動かし始めのキャラクターではあるのに物語が進むにつれてその存在感を無くしていく、周りのキャラクターもにぎやかし状態で活躍は一瞬描かれても必要最低事項と言った感じであってそれが全体に意味をなさない単発のシーンになっているように感じられるところだ。無理に達也が活躍するシーンを作ろうとするあまり全体的に盛り上がりの薄い展開になってしまったように感じられる。これならば達也が最大の危機に陥る展開とかの方が自然に進行できたのではないのだろうかとかんじてしまうほどではあったと思うところではある。行き当たりばったり的なところが強く出ている作品であったように感じられてしまったところではある。やりたいことというかそこに至るまでのものを捨てすぎてしまった感が強かった。

*宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第ニ章「発進篇」 3点

 全7章で描かれるヤマト2202の2章目。発進編と題されているだけあってヤマトの本格的な稼働があり物語が本格的に動き出す章である。しかしながら2199では排除されていた様々な勢力による利権を巡る争い内輪もめの様相をこの2202では出している。これは脚本かにの違いによる違いではあるのだろうと思うがこれがなんだかリメイク版のシリーズとしてはすこし違う方向に動いたように感じられてしまう所ではない。ある種ヤマトに求めるものの違いによってこの要素の好き嫌いは激しく出るだろうと感じられるところではあった。まあシリーズではなく2022単体として考えればいいのかもしれないが。フルメンバーではない発進などこれからより厳しい戦いを強いられていく展開への伏線が張り巡らされている作品でもあると感じるところだ。新たな館長代理と超えられない艦長の戦法の違いなどこれからより「違い」が目立つことになってくるだろうと思うところではあるが新しいヤマトをどのように印象付けられていくことが出来るのか、この2202らしいヤマトを印象付けることが出来るかどうかはこれからに掛かってきているだろうと感じる。















*<総論>

 アニメ本するや制作の改善というものは急務である。なんだかこの現状もいつか日常になっていってしまいそうな予感も感じられる。一昔はOPやEDは力の入れどころと言われていたわけではあるがいつの間にかその為のOPやEDは作らえなくなってしまったわけではあるというのをまたさらに強く感じる。
 新作ばかりで旧作とめぐり合う機会というものも増やしていってもいいと思う。アニメにもリメイクだけではなくリマスターとかあってもいいかなと。HD化というよりは手を入れる分新作状態ではあるけれど。
 今までアニメ化とはエンドかったところも含めて様々な原作作品がアニメ化されるようになりそれこそそれも一巡し始めてきたように思う。だからこそ新たな企画等がこれから先どれくらい練られるのかというにもより時間を変えていってほしいところもある。だからこそリマスターも必要であるかなと。

 アニメを受け取るだけではなく受けて追手何をしていくのかも必要。いつの間にか受けるだけというのも増えたように感じられると思ふ。受け取ってポケットにしまうだけでは受け取ったものはそれこそただの肥しになってしまう。だからこそより多くの人が受け取っただけではなくそこからな時頭のボールをどんな大きさでもどんな形でもいいから返していくことも必要であると思う。
 そのキャッチボールが多くなればきっと何かはいい方向に少しだけだとしても進むことは出来るんじゃないのだろうか?

 だからこそ愛が必要なのだよ。
 
関連記事
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示