Rewrite 2話 「青春が始まる場所」 感想!

世界を掛けるきっかけ

オカ研始動。

 式神と屁で撃退。一気にオカルト研究会のメンバーを集めてきたなと感じるところ。全体的なものを考えるとこれくらいあっさり集めきった方が後々の為になるのかもしれないわけではあるがテンポよくシリアスとギャグを繰り出した方がこの作品の序盤には合っていると思うし「世界の秘密」が出てくるまでは個の方向で行ってもらった方がいいかなと思う。

 OPとEDが解禁されたけれども「End of the Wolrd」はどこで出てくるのだろうか?って切OPやEDだと思っていたから出てこなくてあれ?って思ってしまった。やはりメンバーが揃ったほうがいろいろと幅が増えるし物語としてもやりやすくはあると思うけれども各個人の掘り下げはどうするんだろうなぁ。このあたりはどのように再構成されているかにかかっていると思うし、描写的に篝メインルートですべて回収していくという形をとりそうではあるが。

 マッピーとかがアニメ的にどう落とされるのか気になる。そのまんまなのかそれともオカ研が始まったことによってしばらくはバライティ豊かな展開が待っているだろうと思う。そこでどうやって個人個人を瑚太朗が落していくのか…自分がいるべき場所を自分で作り出したからにはこの場所を守るという義務が瑚太朗には生じるわけだが…。

 next #3
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示