RS計画 -Rebirth Storage- 感想!

人の過去未来そして

記憶

 俺たちの見たいロボアニメを作ろう企画から生まれた短編作品。アニメミライ・あにめたまごでもロボ作品は出てきていないのでこの作品企画をきっかけとしてTVシリーズ・映画ではなくてもロボ作品というものを出していくことが出来る機運が高まればいいなとは思う。1話1作品で12本集めたアニメミライ・あにめたまご・見本市のTVシリーズとかやってもいいと思うんだけどなぁ。

 でも短編でロボアニメノやることを出すというのも難しさを感じる作品ではあるかな。設定やバトルをやらなければならないし登場人物たちを掘り下げなければならないわけだし。でも蓄積されていくことによってそういったらしくあるところから外れた新しい様式が生まれたりするかもしれない。

 この作品はその辺りまとめ上げるのに苦労した感じがどうしても抜けきれなかったように思うけれどもどちらかといえばそれによってパイロット版という印象は強かったかな。本題としてまだまだ出したいことやりたいことはあるんだよというところも感じられただけにほんとこれに続けるかどうかというところはあると思う。

 人類が作ったロボではなく未知のロボと未知の侵略者、そして人類進化計画ラストは兎も角として前者はあまり見なくなったように思うしロボものでもまだまだやりようはあると思うところだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示