91Days 1話 「殺人の夜」 感想!

復讐の始まり

血で血を洗う3か月

 こういった復讐劇+マフィアものって小説や漫画でもあまり見かけなくなったように感じるのは気のせいだろうか?それこそオリジナル作品としても珍しいところを掴んでいるだけにこの作品がどういった顛末をたどっていくのか血しぶきと消炎と酒が匂う作品はチアkらが入れられている作品も多いからそれらにどう対抗していくのかも見どころの一つかなと。

 両親と弟を殺されたアヴィリオの物語。ヴァネッティファミリーを討ち果たして復讐を遂げるまでの物語ではありそうだけれども事前の匂わせ方をすると裏切りが跋扈する展開にはなってきそうだ。つまりこの作品で真に信頼することが出来る人間はアヴィリオのみということでもあると思う。手紙を出した人物が気になるところではあるし実はアヴィリオ自身も信頼することは出来ないのかもしれない。複雑に入り乱れる人間関係はどう収束していくのだろうか?

 まだアヴィリオの物語を出したに過ぎないからこそ復讐される側であるヴァネッティファミリーの物語を道の様に出していくのか気になるところ。この復讐劇そのものに何か大きなものが隠された感じもするわけではあるし物語は何をみせてくれるのだろうか?

 next #2
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示