Re:ゼロから始める異世界生活 15話 「狂気の外側」 感想!

怠惰が成せるもの

傲慢なる結果

 たった一つの狂気が世界を怠惰に変化させて、たった一つの怠惰が世界を狂気へと導く。たった一つの出会いによって怠惰に陥った世界に光が入る込むというのも理ではあるのかもしれない。このレールを引いたもの計算のうちでこの世界が成ったのか?それとも計算外だったのだろうか?

 魔女教によってもたらされた怠惰と狂喜。この狂った世界に花を植えること自体困難なことかもしれない。だからこそスバルがこの場所にいるとも考えられるわけではあるが、スバルはこの世界に花を植えることが出来るのだろうか? 総てを失って失って失いきってこそスバルは何かを得られてまた失った時に得たものを守ろうとする。その先にようやく得るものの実感というものがスバルの中に沸くのだろうとも感じる。

 ペテルギウスという狂気。この狂気がまだ隠された居たことに驚愕する。この世界の闇の根の深さもまた実感するわけではあるがある種ペテルギウスの元応はスバルというものに反応を起こすための存在でありゆえにスバルとはこれから永遠に相対する存在であり続けるのだろうとも思う。

 次回 「豚の欲望」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示