マクロスΔ 13話 「激情 ダイビング」 感想!

空を飛ぶ想い

=飛ぶ女

 フライングガールではなく飛ぶ女というネーミングがなんだか言い知れないものを感じるところではある。最初の決戦という感じのバトル回だったわけだけれどもメインストリームとしてはなんだかもやもやする感じもあるんだよなぁ。まだまだ時間があるからかもしれないがもっと明確なものは欲しくなってしまうのは野暮かな。

 プロトカルチャーがモスも地球人の方を選んでいたとしたらどうなるのだろうか?でもこの作品的に言えば人類そのものつまりは人種そのものがプロトカルチャーの遺志を継ぐものというところでオチをつけることになりそうではあるのだが。そのプロトカルチャーの遺志を継ぐもの同士の永遠にも思われる戦いに対してプロトカルチャー自身は何を思うのかそして何を残したのだろうか?

 ハヤテがメッサーを次フレイヤが美雲を超えていく。フレイヤの成長回も兼ねていた感じではあるのでより皮が剥けたフレイヤがこれから物語に何をもたらすのか?

 次回 「漂流 エンブレイシング」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示