ジョーカー・ゲーム 12話 「XX ダブル・クロス」 感想!

切り捨てられて切り捨てられぬもの

三好ィ

 三好がラストにして再登場するとは思っていなかった訳だが時系列的に三好が死ぬ前の話というラストではあるけれどもD機関に就職してそしてやめていくというのは完全に綺麗な流れではあると思うし始まりから終わりまで綺麗に構成された作りをしていたと思う。しいて言えば結城中佐による演出でもあるのだろう。

 小田切回ではあるがスパイとして不要なものを切り捨てられずに辞めていく彼を綺麗に帰すというのは結城中佐のやさしさではあるのだろうか? 冒頭にシーンを顧みると彼が帰ってくる居場所がなくなることを見抜いていたからこそそ綺麗なままで野に放ったとも考えられるわけではあるが…その後の小田切がどうなっていくのかというのも気になるところではある。スパイとして完璧になるのかそれとも露と消えるのか?

 綺麗に始まって綺麗に終わるそんな作品だった。いくらでも続きを作ることが出来そうな作風ではあるし、今はスパイとして姿を隠したに過ぎないからまた姿を現すこともあるのだろうと思う。1話完結式としての良さを他の地筒全体もきっちり構成された作品ではあったと思うし上手くエンターテイメントをしていた作品であった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示