クロムクロ 23話 「雪に唄う蛙」 感想!

最後のあがき

井の中の蛙

 一気にクライマックスへと移行していくのかなと思ってたが一呼吸置くことになろうとは。どちらかといえば井の中の蛙たちとなった人間たちを纏める意味合いの回としての意が強く出ていたように感じられるところではあるかな? ムエッタを含めて一丸となることによって全員が一つになるという土台は完全に組み上がったと思う。

 ムエッタを合流させる回。側面を見るとこの意味と現代に生きる櫻井となった時貞がこれから先どうしていくのか生きていく意味を最後に出すための土台作りでもあったのだろうと思う。ムエッタと共にこの戦いで生き残ったらこれから先どうしていくのかというのは最初期から上げたテーマでもあるのできっちり描写してくれるはず。

 全員揃ってバカ騒ぎというのもこれで最後。そこで演劇やるというのもすごいとは思う。一通り笑って不安を無くして気持ちを共有しての最終決戦。制限時間も近づいてきているだけに一発逆転するのかな。何かしらのことがないと厳しいけれども。

 次回 「血戦の黒部ダム」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示