映画 シン・ゴジラ 感想!

シンは虚構に連なる

12年ぶりの国産ゴジラ

 ということで「シン・ゴジラ」見に行ってきました。ゴジラシリーズが好きな自分としてはようやく国産ゴジラに再び会いまみえることが出来たことをうれしく思う。庵野さんが脚本総監督をして画コンテもカラー勢が関わっているしメインスタッフ的にこれはエヴァンゲリオンであるともいえる作品ではあるが新たな側面からゴジラを切り取った作品でもあるように思う。 現実に虚構が現れた時どう対処するのかというコプセントが忠実に再現された作品であると感じる。

 内容的に言えばどう考えても「官」から見た「ヤシマ作戦」である。庵野さんも書いてる途中でヤシマ作戦っぽいと思ったのかどうかは分からないけれども最終作戦名が「ヤシオリ作戦」なので狙って付けた感じはある。
 「ヤシマ作戦」はそれこそネルフ主導でネルフ側から見た物語が展開された居たわけではあるが、その裏側で日本政府がなにを行なっていたのかという裏側を見るという部分もこの作品には含まれていると感じるところ。 音楽的にもそれを狙った感じは強くよりこの「ヤシマ作戦」感というものが強まったように感じる

 シン・ゴジラは現実世界でゴジラが現れた時の政府対応を見る作品でありこの世界には機龍も対G戦略兵器も対G特化戦略自衛隊もないのでその中で現実がどう虚構というゴジラに立ち向かっていくのかを描き出した作品であると思う。だからこそ出演が官僚以下政府の人間が大半を占め、ゴジラ出現から対ゴジラ作戦までの一部始終が描き出されている作品である。
 今までのシリーズではそういった部分を描き出すことなんてほぼなかったっから今までにないような切り口でゴジラを見た作品であると思うし、ゴジラという存在を使った日本応援歌であり、庵野さんの自分自身に対する応援歌であると感じられる作品ではあった。

 今回のゴジラの造形は初代ゴジラに近いような感じでそこにバーニングゴジラの体をたした印象。一番驚いたのが今回のゴジラ自身が進化(成長)するということだ。海中生物として現れて陸上に対応し、徐々に二足歩行する最終的にはゴジラとして完全なる生物になる。音楽もそれに合わせて(伊福部さんのゴジラの音楽が使われている)が変化する。まさに音楽も合わせて進化しているゴジラだった。
 完全なる生物としての貫禄は十分にあるゴジラで、熱線のシーンは歴代屈指といってもいいような破壊力を持ったシーンになっていた。今まで熱線放射の前の溜めのシーンでの排気はあまり見ないところでもあったしそれゆえの破壊力を魅せるという演出はよかったと思う。 空中からMOPⅡを落とされたことに激怒し背面攻撃を手に入れていたのも今までにないものだった。しっぽにも攻撃機能を有していて進化する完全生命体感が強くなったと同時に、生物の防衛本能として近づく物体を撃ち落とすようになったのは「ラミエル」っぽくも感じさせた。またこれがヤシマ作戦感を強めたとも思う。

 さらにどういうことだとなったのはラストシーンのしっぽの先の巨神兵である。凍結作戦前にはいなかったはずなので・・今回のゴジラは生物的に進化し続けている(肉片部分でも)というところもあるのでこのゴジラが歳月を経て「巨神兵東京に現わる」において東京上空へと現れた巨神兵になるのだろうか? これを突き詰めると袋小路に迷い込むことになるだろうが。熱線のシーンにおけるゴジラの口の開け方も巨神兵の熱線のシーンに似ているなと感じたところではあったので。どちらにせよ庵野さんの宮さんに対する相思相愛感は漂ってくるととも思える。

 物語が物語なだけにゴジラと自衛隊の対決というシーンそのものは少なくなっていると思う。だからこそかなりゴジラ自身を強化した感じはあるかなと思える。 
 しかしながら今の現実と虚構の対決なだけにゴジラ自身を「害虫駆除」として排除や最終作戦が「凝固剤注入」による停止という今までにないものが出てきていたと思うところ。特に後者はこの作品だからこそ出来ただろうと思う。本体は固まっているだけなので騒動が収まってもゴジラ自身はそこで固まっているというものすごいシーンが見られるのはほんとこの作品だけであると感じる。

 でもこの作品から続きがあるならば国連による核投下のカウントダウンは直前でストップ状態。ゴジラは移動することが出来ないし凝固し続けなければならないという崖っぷちからのスタートとなる。ゴジラ自身が動き出したらもうそれは終わりを意味するとも…。ある種日本の応援歌とする成ればここからが本当の勝負であるとというところだろう。
 この終わり方をエヴァにも適応するのであればシンエヴァ的にもこういったエンドになりそうだと感じるところではあったと感じる。

 今までのシリーズとは違う切り口からゴジラという虚構を描き出した作品であり、ゴジラシリーズの特撮作品という枠からは外れている作品でもあると思う。今の日本を描き出した作品であるし今の日本に対する応援歌という側面を持つそいう作品だった。ゴジラではない新しいゴジラそれがこの「シン・ゴジラ」であるように感じる作品であったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示