機動戦士ガンダムUC RE:0096 15話 「宇宙で待つもの」 感想!

宇宙の希望

宇宙に上がって人類は進化するはずだった。

 それでも人はいがみ合い対立し続けるわけだが。UCはある種ニュータイプ理論に関する回答出会うように感じる。アナザー作品はではNT理論に関する答えなんて描き出すことはなかなか難しい部分だと思うし、部分的な答えならともかくとして…だからこそUCはファーストからの富野監督の質問に対して直接的に受け取ったものが回答したものでもあるように感じるところ。

 再び宇宙に返ってきたわけだが、宇宙→地上(地球)→宇宙というのは様式美になっているよなぁ。これもファーストから続く基本形態ではあるのだけれども。UC的に言えば人類の愚かしさを思う存分味わうことになる章がこの辺りからではあるし、作品的な怪盗というよりは問題提起問いかけがより行われる感じだ。

 勢力図が入り乱れてというよりはこの作品的に言えばもう少し簡略化した方やより内面を出せたようにも感じられるところではあったり。それによってごっちゃになったという印象は否めない。

 次回 「サイド共栄圏」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示