クロムクロ 22話 「鬼が哭いた雪中花」 感想!

雪月の足跡

ゼルに急に人間味が

 クルル石も復活して一気に敵方の進行ラインが跳ね上がった。地球の表層貫いてゲート開けたらそれはそれですごいけれどもどういったゲートとの開け方になるのだろうか?でも球体で覆われてしまった以上出来ることが限られすぎてしまっているのがこれから戦うに当たってどうなってしまうのだろう?

 さすがに地球に450年以上も居たら地球に染まりきってしまうのも通りではあるのかな?ゼルがなんというかここまで人間味あふれる人だとは思っていなかった。残された時間も少ないと言っていたが敵方に穴を開けるきっあっけとなるのがゼルになるのかなと感じるところではあるかな。ゼルと岳人の関係と最後も明かされたことによって謎めいたことは一通り回収したことにはなるかなと思うところ。

 今まで提示してきたものピースが出そろい後はエフィドルグを撤退させるだけになったように感じる。だからこそここからどう溜まったものを爆発させてカタルシスを感じさせるのか上手くやってほしいところではある。

 次回 「雪に唄う蛙」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示