くまみこ 12話 「決断」 感想!

それは神々の遊び

ナツの願い聴いちゃった系

 Bパートからものすごい爆弾投下されてびっくりした。幼児退行しているなラストシーンでENDするとか斬新すぎるだろう。でもクマ井様がナツの真剣な心からの願いを来て叶えたと考えると前回からの不穏な空気は納得することが出来るようにも感じられるわけで、ナツが本当にまちのアイドル化を応援するならば都会の高校に行きたいと言った時に支援してくれるはずなんだよね。さまざまな理由を押しのけてでも。

 個人的にはそのクイズとかで都会不慣れを指摘するよりも先にまちの挑戦を応援してもよかったと思う。高校進学までの都会慣れしていく様子を描き出してもよいわけで。そういった意味ではナツの心の声というのは真理過ぎたしこの作品が抱え込んだ闇を出しているようにも感じられた部分ではあったんだよ。 地味にこの作品の悪いところというか、まちがこうなってしまった主原因ってナツにあるわけで…そういったナツの言動とか作品に漂う不穏な空気にモヤモヤっするところはずっと感じられてきたからそれがすごく的確に出てきた回でもあったように感じられたところではある。

 まち田舎で育ってきた少女が都会の空気になじめずに帰ってくることって割合あるようには思うがまちの今回のことはそれに近い感じは少なからずあるかな?それと他者と触れ合うことに慣れていないとああやって他者の行為が怖く感じることってあると思う。たとえ善意でも勘違いされることってあるわけで。都会の学校を諦めたというよりは諦めさせられたように思えるし…。

 終わらせるための展開だったのかそれとも違ったのか本当のところは分からないわけではあるがこの作品に前々から感じていた毒みたいなものがいっぱい出てきたラストだったように感じられたところではある。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示