ビッグオーダー 10話 「オーダー!戦え、己を信じて! BIG distortion」 感想!

望む世界

最終章。

 全10話でもいろいろとオーダーの力を使って強制的に堕ちつかせたように感じるところだ。それこそ様々なところを吹き飛ばしても「オーダー」の力を使えば行けると踏んだのかもしれないなぁ。OVA版も含めるとまた別の形もあるからやれた部分もあるんだろうなと感じるところではある。アニメはそれなりにハッピーエンドにしたかったということもあるんだろうな。

 エイジに隠された真実+星奈に隠された真実濃密というかこれでもかというぐらいに展開を詰め込んだようなラストだったように感じられるところ。展開が二転三転するというよりもなんだか濃い物をぶちまけたかのような感じではあったかなと思う。いろいろなものを消してしまったようにも感じられるのが残念な所ではあるのだが。

 エイジが望んだ世界。最終局面だからこそ神の力を借りて作ることが出来た世界。この世界が本当に永遠に続いていくのかという意味合いでは不安定な世界ではあるんだよな。臨んだ世界が望まない世界になった時がどうなっていくのか。案があっさりとこの世界の平和というものは崩れ去るかもしれない。

 1話あたり1巻構成で10話で完結させるという荒業。正直この荒業は使わないでほしかったと思うし未来日記のちゃんとしたエピローグをやっていたら心象変わったかも。。未来日記のことを考えるともっと話数的にもやってほしかったなという思いが強くなる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示