クロムクロ 21話 「牙城の落ちる日」 感想!

引かれた弓

わざわざ新社屋崩壊させるなんて

 クロムクロも今回から本格的な最終章に入ったというところだろうか?やはり戦力差という意味では圧倒的防衛線・じり貧になるのは見えていたことであってもっと時間があればガウス量産化計画も軌道に乗せられて物量的にはなんとかして時間は稼げたんじゃないかなと思う。現状のこれをひっくり返す手段はあるのかな?

 由希奈父である岳人は死んでしまっているのだろうか?ここで情報が出てきたからにはこれから先少しだけでも彼の顛末なり現状なりが明らかになりそうな感じではあるのだが。ムエッタの本当の正体も判明していたがということは本当の所のエフフィドルグの人間は隊長であるレフィルぐらいしかいないということでもあるのだろうな。 ムエッタのクローンが作られていたは補てんの為でもあるのだろうか?

 セバスチャンが死に、残った人間たちも洗脳されて時間が経つにつれどんどん状況が悪くなる。クルル石も手にされてしまうのも時間の問題だろうと感じるし一発逆転でレフィルをすぐに倒すしかないのかも?

 次回 「鬼が哭いた雪中花」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示