クロムクロ 20話 「飛んで火に入る虎の口」 感想!

信じるに値するもの

支配の抗い

 雪姫らしき首はやはり記憶の支配に使っているのだろうか?頭そのまますり替えて必要な情報だけをもぎ取って体は従順な兵士として使用する。一番あり得そうな線で考えるとこれが打倒だと思えるところではあるのだが、まだエフィドルグ側が隠していることも多いだろうし、状況が一変する可能性はあるかな?

 雪由希コンビ奪還ととゼルによる情報提供によって物語も佳境へ。エフィドルグの母艦も突貫アタックしてくるわけでよりクライマックスが近づいてきたことを実感させられるところではある。ゼルとの対峙が次回にあるみたいだけれどもそれによって最終的な情報が提供物語の謎がほぼ回収されることになるのかな?残るものは時貞の生きる道と由希奈パパの行方ぐらいになるだろうし。

 ゼルのことを考えるとここでエフィドルグを退けたとてエフィドルグとの戦いをは終わらないわけだし、時間が掛かるとはいえ地球にも本体がやってくるかもしれない、今の戦いも必要ではあるが未来への戦いはどうなるのだろうか?クルル医師の一件もあるし。

 次回 「牙城の落ちる日」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示