くまみこ 11話 「都会へGO?」 感想!

憧れと現実と妄想と

巫女都会

 まちがアイドルデビューというのは全開でめったらやったらダメだということが判明した訳ではあるが、その恐怖を乗り越えることは出来なかったようだ。どちらかというとまちは温室育ちなところがあるわけだし大切にされすぎてしまったからこその悲劇でもあると感じるのではあるが街に救いの手を差し伸べるのは誰だろう?

 やはり共存共栄しているよなナツとまちは…。それがお互いの為になっている部分もあればなっていなかったところもある。今回はお互いに後者の方が大きく出てきてしまったように感じられるところではあったり…。でも村の中でずっと過ごすことがお互いの為に最高の幸せになるのかと思うと蹴ってして大正解とは言えないわけで…。

 まちが正統派に見えるアイドルの戦いって一体…。もう少し前を向けば一気に世界が開けてきそうなのではあるのだけれどもそれを乗り越えるにはまだ時間が掛かりそうだ…。

 次回 「決断」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示