マクロスΔ 11話 「追憶 ジェリーフィッシュ」 感想!

悲しみの中で

メッサーへの想い

 メッサーの死がデルタ小隊にもたらしたものとは。そしてそこで立ち止まっていることは敵は許してはくれないとばかりに新たな動きが始まったわけだけれども、いかにしてハヤテたちがメッサーを乗り越えていくのかこれから先が本当の勝負でもあるのだろうと感じるところではある。

 不器用だったからこそ死して分かることがある。もっと近づくことが出来ていたならば関係性も結末も大きく違っていたかもしれないな。それを悔やんでも始まらないわけではあるので乗り越えていくしかない。これから先さらに激しい戦いが待っているからこそメッサーが残したものを無駄にするわけにはいかない。

 ウィンダミア王国の目的も徐々に明らかになってきたことによってより全体的なものも見えやすくなってきたように感じるところ。まだ詩関連は大きく揺れ動くことにはなるだろうけれども基本的なものは今回を持って構築されたことにはなりそうだ。

 次回 「キング・オブ・ザ・ウィンド」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示