文豪ストレイドッグス 9話 「うつくしき人は寂として石像の如く」 感想!

行き着く帰る場所

節目の戦い

 鏡花編の中編。2編くらいであっさりすむと思っていた鏡花編だけれども3話以上続くことになるのかな。1クール目としても今回の戦いが節目となるだろうしこの戦いを経て新たな関係が築かれることになるのだろうしそしてオリジナル展開が入ってくるらしい2クール目への布石ともなるのだろう。

 治・敦コンビはいっつもポートマフィアに何かしらのことをされているような感じがする。治は兎も角として敦は完全に勝っての恨み買っちゃっている感はあるよなぁ。龍之介との対決によってこの因縁に決着をつけることが出来るのか。これからの太宰が平穏な生活を起こることが出来るかどうかの節目ともなりそうな予感。 
 鏡花へのことはそれこそ言葉が出てこないだけで敦の中では答えはあるはず…。

 治の元相棒との対峙。治がポートマフィアを抜けた理由ってのは本編内で出てくるのだろうか? それこそ異能力や行動を考えると殺されることをどこかで臨んでいるような感じもするところではあるのだが…。

 次回 「羅生門と虎」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示