迷家-マヨイガ- 12話 「ナナキは心の鏡」 感想!

鏡の中の

自分の顔は笑っているか?

 ラストの別れのシーンとかいろいろと描けそうな気もするのだがカットして急ぎ足で物語にオチを付けた感じがしてしまうなぁ。この辺りの補完はコミカライズ行きしてしまう所でもあるのだろうけれどもなんだか寂しさを感じる部分。見据えたのはトラウマを受け入れて村を脱出する人間とそうではない人間がいることではあると思うが。

 自分の心を受け入れよ。Another・白箱・ガルパン等々で心の問題というのは少なからず出てきていた部分ではあるのでそれを肥大化させた感じはするところ。心の問題というのはそれこそデリケートな問題だからこそ始まりは兎も角として終着地点を見出すのは難しいだろうなと感じるところではあるがそれが大きく出てきたようにも感じられるところではあるかな。 心の問題だからこそ声が聴きたかったところでもある。

 こはるんと神様関係や真咲とレイジの関係性などは想定内だったように感じる。村井に残ったメンバーも現実へと還っていったメンバーも割合意外な人物構成だったのが想定外だったかな。エピローグ的なものも必要だったかもしれないがそれもコミカライズかなぁ。
 必要だったのは物語のピースでもリソースでもなくこの作品の内なる声だったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示