ジョーカー・ゲーム 7話 「暗号名ケルベロス」 感想!

番犬の爪

甘利回

 復習という名の暗号。これって甘利がシンシアの娘エマを引き取ったという地味にとんでもないことをしているんだなぁ。甘利だからこそ上手く立ち回ってそれを認めさせることにはなるのだろうと思うけれども、大胆すぎる決断だよなこんなこと誰しもがやろうとしないことだし…。

 自らの因果によってこの先の運命を消される。何かしたことは必ずと言っていいほど自分自身に返ってくる。たとえ証拠を隠滅したとしても何時しかは巡ってくる。シンシアの決断はいつかエマの元に返ってきてしまうのだろうか?甘利もいることだからエマは何も知ることなくそのままに過ごしきってほしいところではある・・・。

 やっぱり優希中佐を超えられる人物はいない。でもこうしてみると最終的には優希中佐の物語に帰結することになるんだろうなと感じる。それでも優希中佐が立っているならば本当に倒せる気がしなくなってくるところ…。

 次回 「ダブル・ジョーカー(前編)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示