キズナイーバー 8話 「ハッピーな時間ってそうそう長くは続かないものだよね」 感想!

幸こそ短命

ラストダンス。

 キズナイバーの物語も嵐と共に最終章に?ラストダンスの序曲が鳴り出したのは間違いないだろうと感じる。最後の重鎮である法子が本格的に動き出したことによって物語は当然のごとく最後の痛みへと向かっていくことになるのだろうけれども法子と勝平は子供時代に何を共有したのだろうか?

 キズナイーバーの実験によって勝平が昔痛みを失ったように法子も過去の実験によって何かを失っていると見るのが一般的ではあるかな?何を失っているのかが重要になりそうな感じもするが「感情」と考えるのが一番個人的にはしっくりくるように感じるところではある。彼ら2人の間に何が合っt尚かは次回に明かされることになるみたいだけれども勝平と法子の間に本当にプラスの感情が今現在も存在し続けるのだろうか?

 プラスの感情が入り乱れ合う。こんなにも恋多きものかと思いつつもほんの少しのプラスの感情が積み重なって最終的には親友になったり恋人になったりするわけだから、それだけマイナスの感情もプラスの感情も人間本人与える感情は大きいということでもあるのだと感じる。

 次回 「万事休す……かしら」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示