マクロスΔ 8話 「脱出 レゾナンス」 感想!

歌の風

フレイヤの隠されものとは?

 脱出大作戦ではあるがそれ以上の収穫をどちらも手に入れたように感じるところ。かねてよりフラグを出していたメッサー関連が動き出しそうだけれどもこれによってハヤテとミラージュの成長関連の物語として派生していくことになってくるのかな?彼らが一人前となるための必要なイベント…。

 フレイヤの歌もそうではあるが美雲の歌に関しても謎が残っているよなぁ。フレイヤが風に新たな息吹を与えるような歌だとするのであれば美雲は風を導く歌であると思うしとなるとハインツの歌が風を扇動する歌ではあると思う。この3つの歌がこれからより重なってくると思う。フレイヤの成長をより待たなくてはならないところではあるが彼女の歌に関する問われかけた言葉に対する答えが出てくるのを待つことになるだろう。

 空中騎士団との直接対峙は痛み分け?より遺恨を大きくするだけに終わってしまったように感じられるけれどもこれからより苦衷騎士団側にも掘り下げられる機会があると思うしそこでどんな裏側が出てくるのだろうか?

 次回 「限界 アンコントロール」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示