迷家-マヨイガ- 11話 「バスに乗れば唄心」 感想!

心を受け入れろ

よっつんの謎重要人物感

 氷結君完全にビビっているだけじゃねーか。もう氷結君は出てこれないってなっても不可思議ではない様に感じてしまうのが不思議だ。これだけちっちゃい感じをそのまま体現している人もなかなかいない様に思える。よっつん一番最初に抜け出したり光宗助けたりしているならばもっと重要人物感あってもよかったと思う。

 結局最後まで名前が出てこなかった運転手ではあるが一番いい形でナナキを乗り越えたのが意外なところではあった。騒がずして話を聞いて乗り越えるきっかけをつかんでいるのならば上手く乗り越えられるということの表れでもあるんだろうな。どうやって周りと向き合うのかというのをうまく考える時間があったのも大きいのかもしれない。これはよっつんとも共有していると思うし。

 さて最後にどのようにオチをつけるのだろうか? トラウマ受入れ組というか向き合えるグミと向き合えない組(現状暴れている人たち)の溝は大きいように感じるし全員が村から脱出したとしてもその後が大変だよなこれ。

 次回 「ナナキは心の鏡」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示