マクロスΔ 7話 「潜入 エネミーライン」 感想!

世界は組み合わせで出来ている

それはあり得ない組み合わせで

 バール化の原因というかウィンダミアがバール化を促進していたことによって少しづつウィンダミアがやろうとしていることのしっぽが見えてきたように感じるところ。まだまだ闇が深いというかそこが見えないものが転がっていそうだけれどもどこまでが事実でどこまでが真実なのか?

 空中騎士団との対峙。ハッキングしたことがばれたり異常なくらい早く存在が見つかったりしているところを見るとなんだかケイオスに内通者がいそうな感じがするところではあるけれども、そうでなければいとも簡単にってなところが実情だと思うしそうでなければワルキューレの実力が疑われてしまうと思うし…それならば誰が内通者だったりするのだろうか?

 りんごと水でバール化促進か。この意外な組み合わせというのがのちのちにも影響してきそうな感じはするところ。プロトカルチャーの後継者関連の事とかでも使われてもおかしくはないけれども…。

 次回 「脱出 レゾナンス」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示