キズナイーバー 6話 「あんた達といるとほんっとうにろくなことがない」 感想!

心は痛みに蝕まれていく

心は一瞬で終わらない

 いわば千鳥はこと恋愛の悩みに関して言えばヤムチャっているということなのか?そうだな穂乃香と比べれば原因も対処法も見えているだけに対処がしやすいというかやらないでどうするということにもなるんだろうな。だからこそ比喩表現がサイバマンにそして千鳥はヤムチャであることが示されたのだろうと。

 心の痛みを知ることは心を知ることである。穂乃香はこの作品にとって越えなければいけない峰である。つまりは中ボス。彼女の心を開放することがこの作品にとっての中核に触れることにもつながるんだろう。穂乃香が元コンビ漫画家だったというけれどもこの作品が2人の関係の比ゆになっているのだとしたら穂乃香は結ばれないとわかっていて痛みから逃げようとしていたという所かな?だからこそ事件が起きた。

 なんだかんだで痛みを通じることによってそれぞれの距離は近づいてきている。大小さまざまではあるが最終的に通じた時相手が何を思っているのかわかった時それは信じ合えたということができるのだろうか?

 次回 「七分の一の痛みのそのまた七倍の正体に触れる戦い」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示