甲鉄城のカバネリ 5話 「逃げられぬ闇」 感想!

巣食い広がる

ワザトリとは何だったのか。

 こんな風に固まって単一固体化されたらそれこそ人類に勝ち目ないんですけど…。幕府も一枚岩ではないようで兄様たちはカバネ殲滅派で幕府側が非戦派だったりするのかな?後半の4話に向けた伏線作りではあるのだと思うが上手く回収することができるのか気になる。生駒→無名→生駒が主役になった構成にもなっているのだろうか?

 割とワザトリさんらしき人物が生駒に負けてしまっているのだが…。それだけ生駒も強くなったということなのだろうか生駒の技術が武士側にも供給されたけれども現状では焼け石に水の状態なんだろう。いかにしてこれが編劇の一手の一つとして機能するかどうかは生駒達や武士たちの行動次第といったところもあるか。本当の意味で信じあっていけるのであれば。

 なんだかんだで兄様がラスボスと化す可能性も十分にあり得るかな?何かしら手ひどいことをやっていそうな無名の回想が挟み込まれていたわけではあるしカバネリを使って何かをしようとしていることだけは確かなのだろうと思う。無名が今ここにいる理由(兄様の所にいない)も次第に明らかになるかな?

 次回 「集う光」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示