映画 ズートピア 感想!

楽園を作るもの

動物たちの楽園

 ということで「ズートピア」見に行ってきました。ディズニー映画(アニメ)は……いつ以来だろう?というか劇場にディズニー映画見に行った記憶というものが存在しないような…。ディズニー作品を見るのもほぼない気がする。トイ・ストーリーやライオンキングだとTVでは見たりしているのだがそれくらいしかないしアニメ映画としては5本もみてないないかもしれない。

 なぜそんな人がこの「ズートピア」を見に行ったかベイマックスもアナとエルサ姫も見に行っていないというのに。自分としては動物ものということとあのキービジュアルや予告に惹かれたという部分が少なからずあるんだろうと思う。そういえばディズニー作品って前売りをあまり見ないな・前売りもちゃんとやってほしいだけど。

 さて動物たちの楽園ズートピアを舞台にした笑い有り感動あり社会問題ありの作品。動物たちを使ってコミカルかつ繊細にさまざまなことを表現している作品だと思う。 笑いに関して言えば笑いを提供することは出来ていたかなと思う所。万国共通の笑いをうまく使っていたように感じる。動物ネタも使っていたし子供も楽しめるようにこの辺り気を使われていたように感じるところだ。

 動物たちの再現率は高い。毛並みもしっかりふわふわしている感覚が出されているし、毛並みの艶とか逆立ち具合とかも表現されていたのは長年CG作品を絶えず生み出しているだけのことはあるよなと感じるところ。ジュディの耳の動きなんてとても自然というか感情表現にもうまく使われていたように感じる。耳が垂れている表現が個人的にとても好みだったりするわけだが・・・それはまた別の話。

 ジュディとニックこの2人がいなければ物語は成り立たないしこの2人がいたからこそあまねく困難を乗り越えることができたように感じる。2人のコンビは絶妙なバランスで描かれており迷わずパズルのピースをはめ込んだかのような感覚に陥る。それこそコンビとして最良であり最善。凸凹がぴったり入ってもやもやしていたものがあっさり取れるそんなような感覚。
 一番最初の告知劇場CMではジュディは男の子っぽく見えたんだけれどもそれは気のせいかな?しゃべらなかったあの時の映像だと男に見えていたりしたのだが。

  理想の楽園ズートピアにやってきたジュディが理想と現実の差にへこたれながらもズートピアにはびこる連続行方不明事件をニックと共に解決するお話がこの作品の基本構造となっている。 気品構造としてはいたってシンプルに作られていて最初から最後までそれは一貫している。だからこそこの中心点はずれることなく周りの味付けをすることができたように感じるところ。それこそ動物観差別だったり種族間のいがみ合いだったり、理想や楽園と呼ばれるズートピアの本来の裏側の姿を作ることができたように感じる。 シンプルだからこそ出来た表現。弱者は強者を恐れて、強者は弱者を恐れる。シンプルに受け取っているだけだと気づくことはないかもしれないが、気付けば気づくほどに剣山のような物語の棘があることが分かる作品になっている。

 触っても痛くないように見える剣山がこの作品の本質であると感じるところ。だからこそ痛みを感じさせずにこの作品を丸く収めていたというのは見事にやりきっていること自体実にすごいことなんだと感じる。こういったメッセージを詰め込んだ作品は数多いがどこかその主張主義をそのままの棘として放り込んでしまっているだけの作品は多く誰頭棘に刺さっていたい思いをする作品は多い。だからこそこの棘を感じさせない棘を作り上げたこと自体奇跡に近いのかもしれない。

 物語における棘の要素つまり矛の要素とそれに立ち向かう盾の要素(ジュディのがんばりやニック立ち回り等々)のバランスは非常によかったと思う。どちらかを気にせずにはいられないというよりはどちらかに集中することが出来る作りになっていたかなと思う所。

 ジュディの兄弟・姉妹は270羽越えを果たしている訳だけれども両親は一回に6人兄弟を誕生させているとしたら単純計算で45回はハッスルしていることに。いくらんでもハッスルしすぎだろと思えて仕方なかった。ジュディの出身血は大半がジュディの兄弟や親せきで埋められているんじゃないかなとも思えなくはないというか大判兄弟だらけだと思う。

 ニックとニックの元相棒の息子(血縁関係はないかもしれないが)はどうしてあんな関係になったんだろうか?まあ今までのニックの事からすると主図とそれまでの軌跡は見えてきそうではあるのだが。 
 個人的にはニックの警察装備の姿がすごくすき。あの絶妙に似合っている感じがしないのはYシャツ姿が一番似合っていると感じてしまうからなのだろうか?

 たった48時間の付き合いのはずがここまで解り合える存在になるというのもジュディの気持ちがあればこそでもあるしニックの心にまだ希望が残っていたともとることができるように思う。 なまけものが最終的に爆走するとぴうのもいろいろな意味を見て取れるように感じるところだ。

 従来の対外的に感じるディズニー枠というものに嵌りながらもそこから突き出る棘を感じる作品ではあったかな。メインの要素としてはもう少し強みというかアクが合ってもよかったとは感じるところではあるのだけれども。でも十分に楽しめる要素が多くある作品ではあったかなと思う。
 ここ最近ディズニーはKH参戦しまくってもおかしくない作品ばかり作っている気がする…。永遠にKH作ることができそう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示