迷家-マヨイガ- 9話 「月下氷結」 感想!

やがて霧は晴れる

トラウマ克服できないん人間は

 颯人はやっぱり自分にやられたことを他者に押し付けているだけというこの作品ならではのことをやっているに過ぎなかった訳でそこに捕らわれ続けていると永遠に村から出ることは出来ないだろう。らぶぽんとかトラウマに飲み込まれちゃっている感じはもちろんあるからこのままいくと囚われ続けると思えてしまうからこそどうなるのか気になる。

 個ここまでトラウマを描いた理由はこんなにも絶対に忘れられないトラウマや心の傷があったとしてもそれでも前を向いて人は歩いていくことが出来るんだというものを出したいからでもあるんだろうな。人の心はいともたやすく傷ついてしまうほどにもろいけれどもそれでもそれを乗り越える底力は十分にあると。現代的な弱さを前面に押し出した作品だからこそ出せる心の強さを見出す作品ではあるのだと感じる。

 氷結君を捉える時のヴァルカナがちょっと完全に憐れむ感があって何とも言えなかったなぁ。熱くなりやすいけれどもどこから一歩引いている感じはあったけれども氷結君の時だけ2歩くらい引いて見ている感があって何とも。なんだかんだでヴァルカナとこはるんだけでも幸せになってほしいですわ…。

 次回 「苦しい時の神様頼み」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示