ハイスクール・フリード(はいふり) 10話 「赤道祭でハッピー!」 感想!

火事と喧嘩は江戸の華

千葉出身の江戸っ子

 ○○でピンチ!の法則が崩れ去る…!!最初で最後の何もない(一応)回ではあるのでピンチではなくハッピー!になったという所なんだろうね。麻侖は地味に主役格なんだよな前日談のコミカライズでもメイン率高いしTVシリーズでも出番は艦橋組に次ぐ出番を得ている訳でスピンオフ辺りで完全な主役になってもいいとは思うのだがことはそう簡単にいかない?

 赤道祭ということでほぼフルメンバーでのお祭り。それぞれの出し物だったりより深い掘り下げに関してはメディアミックスにゆだねられることになるだろうけれども寄せ集めの集団だった晴風組がこうして祭りをやることが出来る日一つになることが出来たということだけでも大きな進歩であり「家族」になってきたことへの表れでもあると感じるところだ。かけがえのないものになり始めたからこそ見えてくるものもありそうだし。

 次回からラストまで駆け抜けることになりそうではあるが仲良くなったからこそあけのは家族を助け出すことを優先させるのか友人を救い出すことを優先するのかより決断を迫られることになりそう。1を救うかそれとも100を救うか2つに一つしかないエンタ氏を選ぶ時が。

 next #11
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示