クロムクロ 13話 「祭囃子に呼ばれて」 感想!

幽を呼び寄せる声

文化祭という名の後半シリーズ布石

 なにげに大きなポイントを放り込んできた回のように感じる。エフィドルグと日本人が似ているってのはこれからエフィドルグ側のタネアカシに使われそうなネタに感じるところではある。姫様経由で似ているのかそれとも別口の繋がりがあるのかはまだわからないけれどもいずれにせよ今までの固定概念がひっくり返ることはありそう。

 姫様=ムエッタでいいのかそれとも別人なのかクローンなのか。どちらの可能性も現状だと十分に考えられるところではあるのだが…。こうなると時貞が戦国から時代を経て現代にのみがえったこと自体にも何かしらの意図があっても不思議ではなくなってくるなぁ。姫様は何かしらのことは知っていただろうしあえて自分だけではなく時貞を装者として認識させたんだろうしそうすることが最善だったとも。

 というか甲冑文化武士文化そのものがエフィドルグ経由ってな歴史改変が行われてそうなんだが。物語りに通じる物語の全容はそれこそ近いうちに明かされることになりそうではある。姫様篇が後半クールの始まりだろうし。

 次回 「祭に踊る羅刹」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示