迷家-マヨイガ- 8話 「納鳴訪ねて真咲を疑う」 感想!

悲鳴は悲鳴を呼び共鳴する

過去を忘れるということ。

 レイジと真咲が偶然出会ったじいちゃんには神山という名前が設定されているのに対して1話から登場している運転手が運転手のままっていくらなんでもおかしくね?ただ単に本当に名前を設定していないのか?それとも名前の方に意味があるからこそ出していないだけなのか?というかあの行方不明になった「マサキ」は運転手の娘というオチだったりするのではないのだろうか?

 過去を忘れるということは今まで培ってきたタガを無くすということでもある。自分本位により動き始める自分の恨みを晴らす為に魔女狩りを始める。そうして自らの過去を捨てたつまりが自らの過去に捕らわれた未来を過ごす。そうして朽ちていった村ことが納鳴村ではあるのかもしれない。 少しつづ大きな流れに盛ろうとする流れも出てきてはいるけれども総てを変えるにはまだ流れは足りない…。

 氷結さん地味に生きとったわけではあるが地味に弓作って何やっている感がある。せめて相手見極めてから矢を放ってほしいと思う所ではあるが。氷結君は再登場するのによっつんは再登場しない。ある種同じなのにどうしてこんな格差が生まれてしまったのか…。

 次回 「月下氷結」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示